fc2ブログ

2022 果樹剪定もろもろ

2022年02月25日 09:43

春が来る前に果樹剪定を終わらさねば!!

という事で剪定を急いでいます。
※剪定を行う事で古い枝を落とし、風通しを向上させることでより良い収穫を目指します。

果樹は冬の間は眠っています。その間に選定を終わらせる必要があります。
気温が上がってくると果樹は目を覚まし、春に向けて活動を始めます。
気温が上がってから枝を切ると、根が活発に吸水しているので切り口からだくだくと
水分が出てきてしまいます。

既にこの時期、選定した切り口から水が出始めています。
未だもう少し寝ていてくれ・・・!


こちらはブルーベリーの木。
かれこれ植えて20年以上ですが今も元気に実を付けます。
IMG20220310141834-001.jpg
枝が込み入っているので中心部を間引き。

こちらは植えて3年目の栗の木。品種はポロタン。
あっという間に人の背丈を超えて大きくなっていきました・・・! 
IMG20220308151131-001.jpg
流石は桃栗三年。

銀杏の木も大きくなり過ぎで枝がぶつかってきたので思い切って剪定。
1648340338970-001.jpg
このくらい枝が太くなるとチェーンソーで剪定です。

その他、ぶどう(今年こそはシャインマスカットの花が咲くはず!)、キウイフルーツ、
アンズ、柿・・・・など、選定を済ませていきます。

今年も沢山の果樹が実ります様に。

キウイフルーツの糖度測定

2022年01月07日 21:43

2021年の秋に収穫したキウイフルーツたち。
DSC_1029_20211103223737c0d.jpg
みなさんご存知の通り、キウイフルーツは収穫後に追熟が進むことで食べごろとなります。
しかし、その食べごろは品種によって異なります。

アップル、ゴールデンなどの黄色系品種たちは11月~12月に食べごろを迎え、
年末ごろからは香緑が、そして現在はキウイの代表品種・ヘイワードが食べごろです
(一般的にお店で売られている緑系品種のキウイはほとんどヘイワード)

農作業道具を整理しておりましたら眠っていた糖度計を発見。
そういえば自家製キウイの糖度を計ってなかったのでどんなもんか早速計測!
DSC_1419.jpg

糖度計に果汁を2滴・・・そして光に向かって筒を覗くと・・・ふむふむ。
DSC_1415.jpg
糖度16度! 
こちらは高級キウイといわれる香緑の数値。香緑は一般的に糖度15~16度言われているので
平均的な糖度と言えるでしょう。

ちなみにヘイワードの数値は14度でした。
こちらも指標値の糖度と言えるでしょう。

昨年は春先の低温で全体の収穫量がイマイチ上がりませんでしたが、
今年は糖度・品質を維持しつつ収穫量を増やしていくことを目標にしたいと思います。

順調にいけば、11~12月頃のお米のおまけにちょこっと同封されてくる・・・かも。
ご期待ください!

秋の果樹 柿・キウイ 2021

2021年11月15日 22:39

石井農園には至るところに柿の木があります。
畑の脇にも、庭にも、裏山にも。

っていうか、ご近所さんを見ても大体そんな感じ。

いかんね。

こんなんだから、水と空気と安全と柿をタダ同然だと思ってしまう。

IMG20211031160242.jpg

しかもほっといてるのに毎年たわわに実をつけます。
柿ってすごい。
IMG20211031160314.jpg
若干葉っぱが落葉病
(しかし、防除は一切しない)


そしてこの時期に柿と同じくして収穫を迎えるのがキウイフルーツ。
IMG20211031162330.jpg
石井農園にはいくつか木がありまして、

ゴールデンキウイ。
IMG20211031162321.jpg

アップルキウイ。
IMG20211031163054.jpg

緑キウイの代表格、ヘイワード。
DSC_1029_20211103223737c0d.jpg
写真撮り忘れたけど高級キウイと言われる香緑もあります。

キウイもまた手間を掛けずともそこそこ実がなる逞しい果樹と言われておりますが
(もちろん、きっちり良いものを収穫する農家さんは並々ならぬ努力をされております)
今年は春先の低温の影響からか実の付が悪く、小ぶり~収量も少なめです。

うーむ、一筋縄ではいきませんね。
果樹栽培も難しいし、奥が深い。


そんな柿とキウイ。
一緒にミキサーにかけてスムージーにして飲むのが最近の(石井農園的)流行です。
DSC_1074.jpg
美味し―!
大きめのコップ一杯をぐびぐび飲みます。

成人では1日のビタミンC推奨量が100㎎と言われているらしいですが
多分それをはるかに越えて、私の体のビタミンCはかけ流しの温泉状態。
※柿もキウイもビタミンCがとっても豊富。


ジュースのんで今日も頑張ります。

銀杏の食べ方はこうです

2021年11月08日 22:41

今年も銀杏のシーズンがやってきました。
DSC_0994.jpg
秋の味覚! 大好きな方も多いのではないでしょうか。
私も大好きです。

・・・が、銀杏と言えばあれがめんどくないですか?

あれです。


殻むきです。
剥くのは大変、食べるの一瞬です。


封筒に入れて電子レンジでポン!もありますが、
やっぱり仕上げは手で剝かねばならなくてやっぱり面倒です。
出来る事ならば食べる専門の人でいたいですよね。


どうすれば簡単に殻を剥けるか。

あれこれ試した結果、もっともよい道具がこちらです。
DSC_0997.jpg
プライヤー。
皆さんのご家庭にも一本はあるはず。

この交差してる「支点」のところの長孔をグリってずらして
「作用点」のところが挟まりきらないようにします。
DSC_0998.jpg
こうすることで銀杏が潰れないのです!

でもって銀杏がずれないようにギザギザのところで挟みまして、
DSC_0999.jpg

「力点」をぐん!

銀杏パッカーン!
DSC_1000.jpg
(それを30回も繰り返せば・・・・)


はい! この通り一瞬です!
DSC_1001_20211103223458e04.jpg

割ったら次は調理です。

銀杏農家である私があれこれ試した結果、最もうまい至高の食べ方がこちらです。

油をちょいちょい。
DSC_1003_202111032234590db.jpg

ラップしてレンチン。
DSC_1004_20211103223501c8c.jpg

ワットとか時間とか小難しい設定はいりません。
「あたため」とか「自動」とか勝手に動くボタンを適当に押してください。

レンジが ピー と言ったら蓋を開ける!

ラップをはがして塩を振る!完成です!
DSC_1007_20211103223502a81.jpg
私は薄皮もそのまま食べます。
油のおかげで皮もパリッとして香ばしくてむしろうまい。
油のおかげで塩も適度に馴染みます。


おっふ・・・翡翠色の銀杏が美しい・・・
IMG20211023195301.jpg

うまい! 

ぱぁん!(柏手)



石井農園の銀杏は期間限定(売り切れ次第終了)で
農園HP、弥彦村内の直売所で販売しております。

是非、ご賞味くださいませ~

ポロタン初収穫・・・!

2021年09月20日 22:45

2年前に植えた栗の木「ぽろたん」から、ついに収穫することが出来ました!

やばい! うれっしー!
IMG20210915102333.jpg
なんてたってポロタン!
ポロタンですよ! ポロタン!

全部で20粒収穫出来ました!
※わりとほっといても勝手に大きくなって実をつけるのだから、
  栗ってやっぱたくましすごい。

なんでこんな興奮しているのかと言えば、
ポロタンって栗はなんでも「渋皮が超簡単にむけるらしい」んです。

ポロっと剝けるからポロタン。

皮のむけっぷりが果たして名前負けしてないのかどうかが
この2年間気になって仕方がなかったのですが、ついに確認することが出来ます!

今すぐにでもゆでてやりたいところですが、どうせならば美味しく食べたい!
という事で、しばらく冷蔵庫で保管して熟成してから食べます。

首を洗って待っていろ、ポロタン・・・!