岩手の農家、藤村さん。

2011年01月31日 18:45

同世代の方が意欲を持ってどんどん農業へ参入して来ます。自分も負けない様に一層頑張らねばと思います! ◎ブログの応援、何卒宜しくお願いしますー! → ブログランキング現在の順位は?


先日、ふじむら農園の藤村さんが弥彦を訪れてくれました。
P1290031.jpg
藤村さんは岩手で稲作4.5ha、リンゴ2haを栽培している農家さんです。
複合経営の規模や販路の取り方(ネット販売)など石井農園と共通する点も多いです。

さらに藤村さんもサラリーマンをされてから実家に戻って就農されたとの事。
(前職は某自動車メーカーの開発。スゴイ経歴の方でした。汗)

お土産に頂いたふじむら農園さんの「リンゴジュース」は
とても甘くて、でもゴクゴク飲めてしまう驚きの美味しさ。
P1290032.jpg
お酒で割ってもめちゃくちゃ美味しいらしいです!


さらにふじむら農園さんの「ひとめぼれ」も頂きました。
P1300035.jpg
土鍋で炊いてみました。

こちらも美味しい!
P1300037.jpg
リンゴジュースもお米も、それ自体が持っている美味しさは勿論なんですが、
やっぱり作り手の人柄やその人の想いを知って頂くことで、
その美味しさは更にひと周り大きなものになるんだと思います。
※私ももっと魅力を伝えられる農家にならねば・・・!


藤村さんとは農園や地域の紹介をしたあと、
夕食をご一緒しながら色んな農業のお話をさせて頂きました。

商品の付加価値とは? 農業の価値とは?
自分たちの地域はこれからどうなると思うか?
自分は今後どんな農業がしたいか?・・・・etc。

今までに互いが読んできた農業関連書籍も幾つか共通していて、
どんな影響や刺激を受けたかといったお話も盛り上がりました。


素敵な農業者のこれからの計画や夢を聞いていると、
その話に引き込まれてこっちまでワクワクして熱くなってきます。

同時に、私ももっと頑張ろうってモチベーションが沸いてきます・・・!


藤村さんには本当に感謝です。
雪深い新潟まで遥々お越し頂き、沢山の刺激を頂きました。
今後も末永く宜しくお願い致します・・・!


※ふじむら農園さんのブログホームページも是非ご覧下さいませ。
 ブログでは私の事を持ち上げて紹介してくれてて、ちょっぴり嬉し恥ずかしです(^^ゞ

各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします。

農大講義に行ってきました。

2011年01月19日 20:30

いつかサンデル教授の白熱教室に参加してみたい。(多分、私の頭じゃついていけないけど。汗) ◎ブログの応援、何卒宜しくお願いしますー! → ブログランキング現在の順位は?


先日、新潟県農業者大学校にて生徒の方々に先輩農家の事例として
就農の経緯や現状、今後の目標などをお話をしてきました。
P1180005.jpg
「やばいやばい、絶対噛む。」と、ビビりながら臨んだ講義でしたが、
皆真剣に話を聞いてくれて、中には共感してくれたのかうなずきながら
講義を聞いてくれる学生達もいて、非常に嬉しかったです。

一通り話終えたあと30分程度質疑応答をしたのですが
「今後経営に導入しようと思う作物は?」
「今まで見学した中で最も印象に残った農家・法人は?」
「農産物加工は考えますか?」
「サラリーマン時代の仕事は大変だったか?」・・・etc。 
生徒から色んな質問を貰えたのが、これまた凄く嬉しかったです。


また、農業を始めてからはインプットとアウトプットが学ぶ方ばかりに
片寄っていたので(周りは大先輩ばかり)生徒さん達へ自分の体験談などを
話す機会は私にとっても良い勉強になりました。

もう自分も学校から離れて久しいのですが、
若い学生と交流をするとなんだかこっちまで新鮮な気持ちになれました。

講義をセッティングしれくれた先生や話を最後まで聞いてくれた学生さんに感謝です。
学生さん達に負けない様に、私も一層頑張らねば!

各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)

新潟県農業者大学校にて、講義。

2011年01月16日 22:32

学生に近い若手っつっても、私もいまやアラサー。 じゃが、気持ちは学生に負けんぞ! ◎ブログの応援、何卒宜しくお願いしますー! → ブログランキング現在の順位は?


去年のお話ですが、お世話になった農業者大学校の先生から、
「生徒たちの前で先輩農家として話をしてほしい」と、オファーを頂きました。

学生からそう年の離れていない若手の事例ならば生徒も
共感し易くイメージを持ち易かろうってことで白羽の矢が刺さりました。

半人前の自分には勿体ないお話と思いつつも、
折角頂いたお誘いに全力でご奉公しようと準備をしています。
P1150004.jpg
自分が就農するまでの経緯、実際に就農してから取り組んできた事、
そしてこれから短期、中期、長期で目指す目標~を、話して来るつもりです。

自分が学生だったら(自分が19、20位の頃なら)少し年上の社会人から
どんな話が聞きたいと思うだろうか?なんて事を考えながら準備。

折角他業種でも働いてきたので、農業だけに限らず
少し視野を広げて生徒と話が出来ればなーって思います。

講義は来週の火曜日。
講義の尺は90分もあるので話が持つかちょっと心配ですが、
飽きらせず(眠らせず)に盛り上げられる様、頑張ってきます。


各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)

新規就農者視察研修。新発田編。

2011年01月13日 23:38

色んな農家さんの経営を知るのは、やっぱり刺激になります。 ◎ブログの応援、何卒宜しくお願いしますー! → ブログランキング現在の順位は?


先日、普及所さん主催の視察研修会がありました。
今回は主に新潟県の新発田地域の農業視察へ。

最初に訪れたのは豊栄わくわく広場。
P1120114.jpg
農機具屋さんが地域農業の盛り上げの為に立ちあげた直売所です。
今では200名以上の農家が参加し、休日には日に2000人ほどのお客さんが
来店する非常に活気ある直売所です。

直売所をメインの販路にすることで農家さんの経営も安定し、
今では市場出荷よりも直売所への出荷がメインになった農家さんも多いとの事。

ただ、やはり地域的にも高齢化が進んでいて、
若い生産者の確保が課題と言うお話をされていました。



2件目の訪問先はそうえん農場さん。

稲作とイチゴ(越後姫)、枝豆(在来品種の大峰かおり等)などの複合経営を
されているのですが、農園で栽培した食材をつかったジャムや枝豆剥き豆などの
加工品製造も行っており、農業の六次産業を実践されている農家さんです。
P1130125.jpg
写真はそうえん農場さんのイチゴジャム。 ・・・おいしい!

ジャムは果肉を残したプレザーブスタイルというもので、
しっかりと果肉の食感も楽しむ事が出来ます。

そうえん農場さんでは農産物加工に取り組む為の設備や機材の揃え方、
保健所への許可申請の仕方など事例を含めて教えて頂きました。
また、そうえん農場さんでは早くからインターネットを用いた産直も行っており、
ネット産直についての説明も教えて頂きました。



最後に訪問したのは青年農業士の真嶋さん。
P1120118.jpg
こちらでは主に、稲作、長ネギ、イチゴ(越後姫)を組み合わせた
周年栽培を行っています。

真嶋さんはオランダに一年間農業研修に行って施設園芸を学び、
帰国後農園にイチゴ部門を導入したんだそうです。
P1120116.jpg
今では家族で作物ごとの作業を分担し、父が稲作、息子(真嶋さん)が
苺というように担当しているそうです。 

「父親の仕事を手伝うだけじゃなくて、やっぱり自分の専門分野がほしいじゃない。」
って真嶋さんの言葉に、凄く共感したのは私だけでは無いはず。
P1120119.jpg
更に、この地域は新発田市の中でも海に近く、
ネギの栽培に向いた水はけの良い砂地が集まったネギの大産地です。
ネギについてもあれこれ質問をさせて頂き、大変参考になりました・・・!


一日がかりで回った研修でしたが、どの研修先でもとても丁寧に
受け入れて頂き、本当にありがとうございました。

改めて、受け入れ農家さんと研修を企画してくれた普及員さんに感謝です。


各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)

先輩農家さんにて、作業分担、機械のDIYを学ぶ。

2010年12月29日 23:41

ハウスで見つけた驚きの機械。感激しました!  ◎ブログの応援、何卒宜しくお願いしますー! → ブログランキング現在の順位は?


先日、花をメインに栽培している先輩農家さんの元へ勉強に行ってきました。
PC220011.jpg
こちらでは数人のパートさんを常勤雇用しており、
パートさんとの仕事の分担や情報共有の仕方、職場環境の考え方など
農家が雇用する側に立った時のお話を中心に、様々な勉強をさせて頂きました。
PC220022.jpg
来年ネギの作付けを拡大するに当たり、どうしても手作業の部分の負担が大きい為、
今まで以上に人件費を計上し、多くの方の協力を求める事になると思います。

その際、仕事を任せる側も受ける側も気持ちよく作業が出来て、
お互いが効率よく働ける環境を作っていかねばなりません。

今回の見学では実際にそれが実践されている職場を見る事ができて
大変勉強になりました。 お忙しい中ありがとうございました、感謝です!



更にもう一つ、先輩の農園で私の心を「スバッ!」と射止めたモノがありました。
PC220016.jpg
これはコンバインを改造した運搬機です。

使わなくなったコンバインの刈取部、脱穀部などを取り外し、
走行能力だけを残して運搬車に改造したらしいです。しかも自分で!

私も来年、圃場の中で活躍できる運搬機を欲しいと考えていた為、
これには非常に驚きました。 運搬機も買えば数十万円はするのですが、
これならばかなりコストを抑える事が可能とのこと。

更に先輩の農園では、2坪程度の業務用冷蔵庫まで自作されていました。
(断熱材として発泡スチロールを張り込んだ部屋に、ユニットを取り付ける)

想像の斜め上をいくDIYっぷりに、ただただ感心しっぱなしでした。
私ももっと自ら作り出せる農家にならねば・・・・! 頑張ろう!


各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)

県内ネギ産地の農家さんを訪ねて。

2010年12月20日 22:22

新潟県も本当に広いです。 流石農業県。尊敬できる農家さんが沢山です! ◎ブログの応援、何卒宜しくお願いしますー! → ブログランキング現在の順位は?


先日、新潟市でネギを大規模に栽培されている農家さんを訪ねて参りました。
PC020054.jpg
実は新潟県は、新潟市の海岸線に沿った砂丘地域や、
紫雲寺・神林など県北地域にまとまったネギ産地を有す、立派なネギ生産県です。
※なんでも、ネギの作付け面積・収獲量共に全国で6位の規模だとか。

夏から冬に移ろう中で北海道から関東へと続く産地リレーで、
新潟は晩夏から晩秋にかけて「やわ肌ネギ」と言うブランドで
県内外へネギを流通させています。
PC020049.jpg
連れて行って貰った集荷場でびっくり。
やっぱり、大産地の出荷場は勢いが違います。汗

次々と出荷場に運び込まれるネギ、ネギ、ネギ・・・・!
生産者さんの数もとても多いです。 

また、出荷場では規格外のネギもコンテナで集荷が行われていて、
その行き先は某大手ラーメンチェーンへの業務用途として契約されているんだとか。
大産地だから対応出来るロットを強みに、独自の販路も持ち合わせておりました。


今回訪ねさせて頂いた農家さんは、とあるご縁でお知り合いになったのですが、
繁忙期にも関わらず農場の視察を快く受け入れてくれて、産地のお話しや
営農上の工夫、使っている資材・機材・品種のことなど丁寧に教えてくれました。
本当に感謝です。
PC020051.jpg
収穫圃場では自動収穫機のソフィが活躍していました。
実際の作業風景・機械の動作を生で見る事が出来て、危うく興奮で鼻血が出そうでした。

この地域では既に数件の農家導入されていて、この機械の導入で
収穫作業の省力化~ひいては1日の出荷箱数の増加に大きく貢献したそうです。


やはり実際に栽培を行っている本人から聞かせて頂く事例は
分かりやすくて、刺激になって、勉強になります。

経験知的にも、人の器的にも、圧倒的な先生として敬いつつ、
今後も定期的に情報交換(一方的な勉強にならない様、私も情報提供出来るように
常にアンテナを張り巡らさなければ。汗)を続けさせて頂きたいと思いました。


今回はお忙しいなか、本当にありがとうございました・・・!
今後とも宜しくお願い致します!




各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)

カガヤキ農園さんにて。

2010年11月25日 22:06

帰りに長芋のお土産を頂きまして、早速とろろご飯にしました! めちゃくちゃ旨かったです・・・! ありがとうございましたー! ◎ブログの応援、何卒宜しくお願いしますー! → ブログランキング現在の順位は?


先日、新潟市江南区(旧横越町)の「カガヤキ農園」さんへ行ってきました。

カガヤキ農園さんは稲作と野菜の複合経営を行う農業法人で、
スイートコーン、長いも、里芋、キャベツなど様々な野菜を育てています。
PB220012.jpg
写真は生産統括部・部長の藤田さん。

藤田さんとは以前に農業大学校で行われた新規就農者研修にて
就農者事例の発表でご一緒させて頂いた事があり、その際にカガヤキ農園での
キャベツ栽培についてお話を聞かせて頂いたのです。

ちょうどその頃、私も来シーズンの冬季作目としてキャベツを考えていて、
「是非今度キャベツ畑を見学させて下さい!」と見学のお願いをさせて貰いました。


カガヤキ農園では秋から冬にかけてキャベツの生産を行っております。
PB220005.jpg
育てたキャベツの大部分は、契約している食品加工会社さんへ出荷されているそうです。

また、販売・販路のお話以外にも栽培方法や品種特性、収穫方法など
キャベツについて色んなお話を聞かせて頂きました。
PB220006.jpg
うーむ、キャベツも奥が深い・・・!


更にキャベツ畑を見学させて頂いた後、
カガヤキ農園の堆肥舎や他の作物の見学もさせて頂きました。
PB220009.jpg
堆肥舎ではカガヤキ農園の田んぼで栽培した稲のもみ殻と
近隣の牛舎から運び込まれる牛フンをつかって自社で堆肥を生産しています。


ハウスの中に高く積まれているのは今年の秋に掘り起こした里芋。
PB220011.jpg
この里芋の出荷作業も、キャベツと同じく冬の仕事となります。
冬の間にハウスの中で順次調整作業(芋の分解・ひげ取りなど)を行います。

また、別の作業場ではこの地域の特産品である「長芋」の出荷作業が行われておりました。
PB220015.jpg

大事に箱の中に梱包された長芋は、生協の注文分だそうです。
PB220013.jpg
カガヤキ農園さんで栽培された作物の販路は、自社販売(直売所・通販・贈答など)や
生協の契約などが多くを占めます。 

以前、カガヤキ農園代表の講演を大学で聞かせて頂く機会があり、
「規模を大きくすることで売上は増えたが、利益は思うように増えなかった。
 その為経営を見直し、既存の流通に頼らない経営を目指した。」
というお話をされていたのを覚えています。

藤田さんからも生協さんとの取引の事など、
販売~流通に関するお話を聞かせて貰い大変勉強になりました・・・!
そしてお忙しい中お時間頂き、本当にありがとうございました!


また、カガヤキ農園が自社で運営する直売所は
沢山のお客さんが来店する人気のお店です。

丁度この日は直売所の定休日だったのですが、
また後日、お客さんとして改めて直売所にも伺いたいと思います。
今後とも、宜しくお願い致します!


※カガヤキ農園さんでは直売所の情報をまとめたブログも発信しています。
 是非ご覧くださいませ~!



各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)

久保農園さんにて、キャベツ収穫を体験!

2010年11月11日 21:34

世の中、実際にやってみなきゃ分からん事のほうが多いのです!やってみなきゃ・・・!  ◎ブログの応援、何卒宜しくお願いしますー! → ブログランキング現在の順位は?


先日、長岡市の久保農園さんへ
キャベツの収穫作業を体験(勉強)させて貰いに行ってきました!
PB030378.jpg
何故かといいますと、私自身もネギのローテーション作物として、
ネギと相性の良いアブラナ科のキャベツ栽培を考えているからです。
(現在10アールで試験栽培中。)

比較的積雪の少ない弥彦では、キャベツは冬場の露地作物としても有力。

そしてキャベツに限った話では無いのですが、
多くの野菜は栽培管理における情報は「栽培指針」などで最低限の情報を得る事が出来ます。
がしかし、収穫~出荷調整のやり方などはあまり指針に載っておらず、
個々の農家がそれぞれ独自のやり方を持っていたりするのです。

なので、既にその作物を育てている先輩農家さんの元へ行って
実際に見学・経験させて頂く事がもっとも勉強になる訳です。


今年の猛烈な野菜高の中で、キャベツもご多分にもれず品薄です。
しかし、久保農園さんの畑には立派なキャベツがゴロゴロ転がっています。
PB030380.jpg
今年の夏、あまりの日照りで植えたばかりのキャベツ苗が干からびた!って話を
新聞やらインターネットやらを通して日本中から聞いておりました。

ウチの畑でも、日照りでキャベツ苗が枯れるわ生育が乱れるわで散々でした。涙

にも関わらず、久保さんの見事なキャベツ畑をみて改めて、
気候条件など環境が厳しい年ほど生産者の技術の差が顕著に表れるんだなと感じます。



作業の流れとしては、生育の揃ったキャベツの茎だけを包丁でカットし、
(この時使われていた収穫包丁も、初めて見た特殊農具でした!)
収穫した事が分かる様に逆さまにして畑に置いていきます。
PB030379.jpg


それを畑でそのままダンボールに梱包!
PB030377.jpg
計量の手間を省く為に、全体的に大きめに育ててから収穫します。

久保農園さんでも、昔は収穫したキャベツを畑から運び出して
作業場で箱詰めを行っていたらしいのですが、キャベツの本場である
高原野菜産地などに見学へ行ってこのやり方を学んで来たそうです。
※久保農園さんは、日本中へ農業研修へ行ってきた猛者であります・・・!


そしてトラックに積み込まれたキャベツ達は・・・
PB030381.jpg

そのまま市場へ直行!!
PB030387.jpg
久保農園さんのキャベツがズラッと並びます。壮観です。

たった一日ではありましたが、キャベツ収穫の体験は大変勉強になりました。
そして、想像以上にハードである事も分かりました・・・!キャベツ・ヤベー!


以前に久保さんから聞いた、
「重量野菜こそ若者が取り組むべき」という話が改めて身に染みました。

昨今、キャベツ・大根・白菜など重量野菜の産地がどんどん縮小していってます。
これらの作物は収穫作業など非常にハードな労働を強いられる為、
高齢化した農家が栽培を続けられない現実があります。

実際に私もやってみて、まだ20代なのに
「うぉぉぉ!マジでシンドイ!」って思う仕事であります。なんたって重い。
これは機械化された稲作と違い、高齢化の影響を強く受けるでしょう。

実際に、昔は長岡にももっと沢山キャベツを栽培する農家さんが居たそうですが
今では高齢化に伴って栽培農家が減り、この日も市場に出荷されたキャベツの
殆どを久保農園産のキャベツが占めました。


しかしながらキャベツ・大根・白菜などに代表される重量野菜達は
常に安定した需要があるメジャーな野菜達です。

私もネギの業務需要関連の商談を行っていると、
「石井さんはキャベツはやってないの?」とよく聞かれます。

キャベツは用途の多さだけでなく、年間を通すと価格が不安定で
業務需要などは特に安定供給を求める野菜なんだそうです。


だからこそ、体力があり、今後の設備投資も望める若者は
重量野菜に望むべきだと言えるんだと思います。

勿論、ただ育てる事は誰でもできますがそれを「経営」として行うには
若さだけでなく、相応の努力が必要です。

久保農園さんも、日々新しい農法や作業の改良に挑み、
同時に新たな販路の開拓も怠らない努力家です。
※今年の夏、久保農園さんへキャベツ定植の見学に行った際の記事はこちら

私はまだまだキャベツについては分からないことだらけですが、
今後、より一層キャベツについて学んでいきたいと思います。

そして久保農園さんには、繁忙期のど真ん中にも関わらず
優しく研修に招き入れて頂き、本当にありがとうございましたー!

今後も宜しくお願い致します!



※ちなみに、昨日~今日と2夜に渡って、
 長岡で頑張っている若者を紹介するUX(新潟テレビ21)の番組「ガオ!」にて
 久保農園の久保さんが紹介されております。
  
 久保さんは私が尊敬してやまない先輩農家さんの1人です。
 必見であります!
  

各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)

小千谷市の農園ビギンさんへ。

2010年11月09日 20:02

さくらさんから、その足でビギンさんへ。 今日のブログは2本立てです。  ◎ブログの応援、何卒宜しくお願いしますー! → ブログランキング現在の順位は?


先日、新潟県小父千市の農園ビギンさんへ行って参りました。
写真はビギンさんのカリフラワー畑。
PB020358.jpg
※前回(7月)にお伺いした時のブログはこちら

小千谷はカリフラワーの栽培が盛んで、
秋の一定期間においては日本一の産地となるんだそうです。
ビギンさんでも沢山のカリフラワーを収穫されていました。


そして今回、農園ビギンさんにお伺いさせて頂いたのには、
大きく二つの目的がありました。


まず一つ目がこちら。
ビギンさんが所有する乗用ネギ収穫機「ソフィ」!
PB020359.jpg
自走しながら畝を崩し、ネギの根を切って土を払いながら掘り上げるという
長ネギ農家ならば絶対気になるスーパーマシンです。

PB020361.jpg

PB020360.jpg
私も兼ねてから資料で見た事はありましたが、実物を見るのは初めてでした・・・!
多分、新潟県内に10台も存在しないハズ。 貴重な一台です。

この日は悪天候で圃場条件も悪く、実際に活動している所を
見る事は出来ませんでしたが、社長から使い勝手や機械の特徴などの
お話を聞かせて頂き大変勉強になりました。感謝!


そしてもう一つの目的がこちら!
農園ビギンさんが新たに建設中の加工施設!
PB020363.jpg
農園ビギンさんではさつまいもプリンやスィートポテトなど
自社で栽培した作物をつかった加工品を製造しており、
今後の更なる展開を視野に入れて新しい工場を作っています。

建設中の工場の2階からみた景色。
PB020364.jpg
窓からは小千谷の田畑が一望できます。
工場自体も少し小高い斜面の上にある為、見晴らしがとっても良いです。


作業場では、収穫されたばかりのサツマイモ達が。
PB020367.jpg

PB020368.jpg
彼らもこれから稼働する新工場で美味しく加工され、
小千谷から日本中へ旅立っていく事でしょう・・・!


ビギンさんでは、農業の六次化、農業イベントなどを通しての消費者交流、
地域の飲食店さんとの農商工連携など様々な取り組みを行っており、
農園に訪問するたびに「私ももっと農業を頑張ろう!」って刺激と活力を貰えます。

※農園ビギンさんのブログはこちら

この日もお忙しい中、丁寧に農園を案内して頂き本当にありがとうございました!
今後とも、宜しくお願い致します・・・!


各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)

尾崎泉地区生産組合にて。

2010年11月07日 21:30

スケールの大きさに圧倒されました。設備も農地も人の器も。  ◎ブログの応援、何卒宜しくお願いしますー! → ブログランキング現在の順位は?


先日、新潟県三条市栄にある「尾崎和泉地区生産組合」さんの元へ見学に行かせて頂きました。

こちらは30年以上の歴史を持つ歴史ある生産組合で、220haもの農地を有し、
140名以上の地域の農家さんで構成される集落営農です。

農場規模としては新潟県内でもTOPクラス。

とにかくそのスケールの大きさ、初めて見る設備・機械、
作業の取組み方、組織としての運営の仕方など終始衝撃を受けっぱなしでした。


まず設備について紹介いたしますと、
1ha容量の乾燥器が10機、更にプールタンクも4機装備しています。
PB010323.jpg

籾摺り機のでかさもハンパないです。
PB010329.jpg
10インチの籾摺り機(国内では最大のサイズ)で
一時間に60俵もの処理力を持ちます。

それだけの性能を持ってしても、稲刈シーズンの天候状況によっては
24時間休まず稼働しないと作業が間に合わないとの事。


当然作業機も凄いです。コンバインは計6機。
PB010335.jpg
この地域では圃場整備が進み1ha圃場も多く存在します。

その為、3機ずつの2チームに分かれてそれぞれ稲刈りを行い
1日大体12~13ヘクタール、多い時で20ヘクタールもの稲を刈るそうです。


田植え機もずらり。
PB010340.jpg
稲作の大規模化が進む中で省力化の方法として
直播(稲の種を直接田んぼに撒く方法)が普及しつつある昨今ですが、
尾崎泉生産組合では今も全ての稲を移植(苗を育てて田植えを行う従来の方法)で
栽培しています。


なので稲の苗をつくる作業・施設もしっかり整っています。

種子消毒(温湯消毒)用のプールは2000リットルのモノが4つ。
PB010342.jpg
これだけあっても一回で全ての種を消毒する事は出来ないので、
数回に分けて種の処理を行います。

その後、稲の芽出し作業は(育苗箱に種まきした種を温かい環境に置いて発芽を促す作業)
先ほど田植え機の保管されていた作業場を温室として使い、一度に育苗箱8000枚ずつ
芽出し作業を行うそうです。


そして使用する育苗箱は全部で約40000弱もの枚数になるとの事です。
その為、育苗ハウスの規模もハンパ無いです。
PB010343.jpg
短距離競争が出来そうなハウスがずらり。


トラクターにセットする作業機も、ロータリーやハローだけでなく
プラウなど様々な作業機がありました。
PB010344.jpg
プラウは効率良く作業が出来る事だけでなく、深く土を起こすことで土壌環境の改善ができ、
高品質の作物を育てる事に繋がるからと作業性・品質への取り組みも聞かせて頂きました。


コストを抑え、良いものを、沢山作る。
その為の取り組みを追求した形だと思います。
本当に凄い。



そして更に驚いたのが尾崎泉生産組合の運営方法でした。

上記で見て頂いた様な機械や設備は組織が所有し、
稲作の基幹作業となる田起こし・田植え・稲刈り・乾燥調整を行います。
しかし栽培管理(水管理・草取り・肥料まき)の部分は各組合員に各自の農地を任せます。

そして、収穫したお米は組織の名前で販売され、その後組合員に配分されるのですが、
尾崎泉ではそのお米の売上の配分を「各田んぼの品質・収獲量」などのデータと
照らし合わせ、個人個人の栽培努力に応じて分配するようにしているそうです。

当然、確田んぼごとにデータを取って分配に反映させるシステムは
全体の販売額をプール計算してただ面積ごとに分配する方式に比べて
事務作業の負担が格段に増します。

けれども、その個人個人の努力をちゃんと評価するシステムこそが
大規模な経営でも品質を落とさずに細かく管理を徹底する事につながり、
組合員のモチベーションを支える事にも繋がっているとの事です。


その他にも、尾崎泉では専従者(社員的なモノ)を置かずに
機械作業のオペレーターは全て時給制としてるなど独自の取り組みが多くあり、
県の職員さんなどからはそれら独自の経営を「尾崎方式」と呼ばれているんだそうです。

PB010346.jpg
写真は尾崎泉生産組合の役員を務めている安達さん。 
・・・・・と私。 ※私、がっつり目をつぶっててスイマセン。汗

安達さんは組織役員としての稲作経営とは別に、個人の経営で野菜栽培も行っています。
さらに指導農業士として若手の育成にも取り組んでいる方でして、
普及所の主催する勉強会で、いつもお世話になっております。
今回もお忙しい中親身にお話を聞かせて頂きました・・・・!感謝!


最後に、安達さんから今後の農業経営についてのお話がありました。

「組織の為に人(組合員)があるのではなく、人の為に組織があるべきだ。
 人が組織に合わせるのではなく、人の変化に合わせて組織の体制を変えて行く事が大事。」


尾崎泉でも組合員の高齢化と後継者の確保が課題となっていて、
これからの米価や農業を囲む状況を考えて、組織のあり方を
変えて行かねばならないとの事でした。

今140名以上いる組合員も高齢化で肥料まきなどの重労働が
出来無い人が増えてきた場合、やはり組織で作業・農地の管理を
請け負う事になるだろうし、今後は管理を数名の担い手に集約する
必要もあるかもしれない。直播など新しい農法も取り入れる必要も
迫られるかもしれない。

それらには、柔軟に対応していく事が大事との事です。


この他にも、もの凄く勉強になるお話を沢山聞かせて頂いたのですが、
とてもブログに書き切れないので一旦、今回の見学の報告はここまでに・・・!


尾崎泉は規模が非常に大きく、ウチの経営(尾崎泉の45分の1)に
スグに何を応用できるって訳ではないのですが、今後の地域を考えた農業を
する際に、本当に勉強になる事だらけでした。感謝感謝です。

お忙しい中、お時間頂き本当にありがとうございました!
今後も宜しくお願致します。


各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)

畑やかとうふぁーむ、秋の収穫祭へ。

2010年11月02日 21:28

今日、立ってられないほどの大風と激しいアラレに襲われました。・・・・ネギが。ボッキボキであります。涙   ◎ブログの応援、何卒宜しくお願いしますー! → ブログランキング現在の順位は?


先週の日曜日のお話です。

畑の奥になんだかとっても賑やかなハウスが・・・!
PA310319.jpg


実はこれ、新潟市西蒲区で花苗の生産を行っている畑やかとうふぁーむさんの、秋の収穫祭です。 
※以前私がお伺いした時の記事はこちら。
PA310317.jpg
ハウスの中ではジャズバンド等の催し物や、
カレー・たこ焼き・トン汁など色んな料理も販売されていてとても賑やか!


ハウスの外にはお馬さんも・・・!
PA310318.jpg
畑やかとうふぁーむさんでは春と秋の年2回、イベントを行っています。


勿論、イベントを行っている以外のハウスでは沢山の花苗達がところせましと並んでいます。
PA310312.jpg
ハウスの中を散策して気にいった苗があれば購入する事もできます。
ガーデンニングや花の好きな方にとってはたまらない空間です。

このイベントには様々な団体や企業も参加しており、
イベントの繋がりを機に、いろんな交流が生まれるんだそうです。

農業イベントだけあって私も農業関係の知人と沢山会えました。


そして収穫祭へ訪れた私個人の感想としては・・・とにかく楽しかった!

一つの農園のイベントで、ここまで盛り上がるお祭りが出来るって事はある種の衝撃でした。
以前かとうふぁーむさんで聞かせて頂いた「園芸福祉」の活動も含め
改めて農業とは生産業としてだけでない魅力を持つ仕事である事を感じました。
農業の可能性って無限大ですね。本当に凄い!


次のイベントは来年の春。
是非是非お勧めのイベントであります!


各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)

穀物検査の見学へ。

2010年09月25日 23:13

明日で石井農園も稲刈り終了です! ラスト1日ーファイトー!! とか言ってたら只今新潟大雨ーー!明日の稲刈ダイジョブかー?!汗  ◎ブログの応援、何卒宜しくお願いしますー! → ブログランキング現在の順位は?


新潟県内のニュースで今年度々騒がれているお米の等級。
お米の等級とはなんぞ?って方は、ウィキペディア大先生にて米穀検査をチェケラー。

チェケラーとか言っときながら、私自身この制度については
なんだか外っ皮(概要)をざっくり学んだ感じで、まだまだ勉強不足です。


このブログでもちょこちょこ等級について触れてるくせに、
それじゃいかんだろうって事で、先日穀物検査を見学してきました。
P9240041.jpg
石井農園が契約している米穀業者さんへお願いして、
9月最中のクソ忙しい米集荷~米検査の現場に潜入。


検査の流れとしては、集められたお米からランダムで選んだ袋にブス!っと
ステンレス製の刺し棒ってやつを突き刺して、お米のサンプルを抜き取ります。

※棒を刺した後は「検」って書いてあるシールを張って穴を塞ぎます。
 なのでパラパラお米がこぼれる事はありやせん。


そのサンプルを一つずつ並べて、専門の検査官が品質検査します。
P9240036.jpg
※写真の検査官さんは、財団法人日本穀物検定協会の検査官さん。


お米の水分量の測定や、カメムシに吸われた米・白く濁った米・
ヒビの入った米・未熟な米などがどの程度混じっているかを見極め、
等級を判別していきます。
P9240038.jpg


写真は2等米の印。
P9240040.jpg
斧の様な形の枠の中に、点が2つ打たれています。

これが1等米の場合は○枠の中に点が1つ、
3等米の場合は△枠の中に点が3つとなります。


今回、検査を見学させて貰う中で、
米穀業者の方々や検査官さんから色んお話を聞かせて頂きました。


1等比率の高い地域・生産者の特徴や
色彩選別機などを用いた調整作業段階での等級UPの工夫など
等級検査における品質向上についてのお話。

今年の県内各所の等級検査状況・進捗状況などのお話。

検査制度のメリットや、制度が抱える問題点などのお話。

・・・・・etc。



なにが1等米で、どうなれば2等米になるんだよってルールの知識だけでなく、
米穀検査の制度とそれを囲む色んな環境を知ることで視野が広がった感じがしました。

また、結構この制度に関しては批判的な見解をする方もいて
私自身も「外観重視の品質検査制度はどうなのかなー」と思っていた訳ですが、
今回改めて色んな側面から穀物検査について知ることで、
もっとニュートラルにこの制度と付き合っていこうと感じました。


一年で一番忙しい時期にも関わらず、お時間を作って頂き
皆さん本当にありがとうございましたーーーー!!!


※ちなみに、ウチのコシヒカリの検査はまだこれからとのこと。
 ああ・・・ドキドキ・・・!!


【お知らせ】
石井農園のホームページにて新米予約を行っております。
9月末までにご予約頂くと送料無料。更に「はざかけ米2合」プレゼント!是非この機会にお試しをー!



各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)

駅南にて、フリョウノウミンさんと4Hクラブの仲間たち。

2010年09月05日 23:13

日陰の無い畑も暑いけど、コンクリートジャングルの暑さも凄まじい。 アスファルトじりじり、室外機モワモワ。 これがヒートアイランド現象か!  何卒、応援をー! → ブログランキング現在の順位は?


市場がお休みだった先日、新潟駅南口、通称「えきなん」へ行ってきました。
P9040103.jpg
駅南に訪れた目的は、駅南広場で開催されている「定期産直市」。

これはJR東日本新潟支社の子会社トッキーが主催で、
11月まで第1、第3、第5土曜日に午前10時から午後3時まで行っているモノです。


農家さんや団体等、色んな方が出展されておりまして、
新潟市北区のトマト農家「曽我農園」さんも出店されておりました。
P9040101.jpg
曽我農園さんは独特な切り口、表現で日々の農業を発信するブログ「フリョウノウミン」
大人気で、新聞や農業雑誌等でもコラムを連載している農家さんです。(私必読してます)

トマトの味も絶品でして、今回出品されていた「塩けトマト」も
凄く美味しかったです。 ごちそうさまでした!!


産直市には御夫婦で参加されていました。
P9040102.jpg
ちなみに、ブログタイトルにもなっているフリョウノウミンの「フリョウ」は、
昔、ワルだったとかそういう意味ではなく、どこか壊れている、うまく動かないという
ニュアンスの「フリョウ」です。 

なので実際の曽我さん、そして奥さまは凄く親切な方。超丁寧。超いい人です。

そがさんに直接お会いしたのは、私がまだ農家になりたての一昨年の冬に
農場見学に伺わせて貰った以来でしたが、私の事も覚えててくれて凄く嬉しかったです。



さらに会場では農業青年クラブ(4Hクラブ)の仲間達も出店していました。
P9040104.jpg
今年の異常な残暑で畑作業、植物の管理も楽でないですが、皆活き活きしていました。 
会場に足を運んで皆さんとお話出来ただけで私もエネルギーが充填出来ました!

そがさんや4Hの皆様、直売で忙しい所に立ち話で長居してしまいスイマセンでした。汗
でも、駅南で皆さんに会えて凄く嬉しかったです。 これからも宜しくお願いします!


【お知らせ】
石井農園のホームページにて新米予約を行っております。
9月末までにご予約頂くと送料無料。是非この機会にお試しをー!



各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)

「ビストロさくら」さんにて、農家とレストランの本音トーク。

2010年09月04日 23:48

相手に求められているだろうと予想する事と、実際に相手が求めている事は往々にして違うもんだと改めて学びました。 やっぱり聞くのが大事です。  何卒、宜しくお願いしますー! → ブログランキング現在の順位は?



先日、農園ビギンさんの紹介で小千谷市の「ビストロさくら」さんへ行ってきました。
P9030088.jpg

今年の1月にオープンされたばかりのお店ですが、既にかなりの人気店。
P9030091.jpg
小千谷出身のオーナーが東京・海外で修業し、生まれ育った地元に開いたお店です。


明るくて居心地のいい店内は雰囲気もとっても良くて、
素敵な食器・小物の一つ一つは見ているだけで楽しいお店でした。
P9030083.jpg
実は今回さくらさんへ連れて来て貰ったのは「農家と飲食店の地産地消」について
お話を聞かせて貰う為にお時間を頂きました。

農園ビギンさんでは生産する作物の殆どを市場を通さずに、
消費者への直売、自社の加工品に使用、そして飲食店への出荷で売り切ります。
その販売先の一つがこちらのさくらさんです。

私自身も先日のらーめんたかみちさんに続き、今後様々な事業者さんとのお付き合いを広める為に
購入する側の意向を勉強させて貰うべく、ビギンさん、さくらさんにお時間を頂いた次第であります。



ビギンさんとさくらさんのお付き合いが始まった経緯から、
実際の取引・野菜出荷の状況まで、本当に遠慮なく色んな質問をさせて頂き
お二人からも親身に回答を頂き、感謝感激でした。


メモした内容の全部はとてもブログに書き切れないので、
聞かせて頂いたお話の印象に残った部分を幾つか抜粋すると・・・

農家側のありかたとして、まず農家の本業である「生産ありき」である事。
営業や販売に力を入れ過ぎることで栽培に支障が出たら元も子もないので、
流通コストや配送の手間・時間を考えた商圏をちゃんと把握して生産~販売を両立する。

飲食店側から見た農家は、「もっと積極的に情報・作物を売り込みに来てほしい」。
良いものを仕入れたい、地域の食材を集めたい。けれどお店が忙しくて探し回る時間が無い。
農家から来てくれたら凄く嬉しいんだけどな・・・と、お店は待っている。

また、双方が求める付き合い方として「お互いに無理のない関係」であること。
農家は八百屋では無いから、提供出来る作物も限られるし提供出来る量・時期も限られる。
この事をお互い理解して付き合っている。

・・・・etc。



本当に物凄く勉強になりました。
さくらさんもビギンさんも、お忙しい中ありがとうございました!

次はしっかり予約して、お客としてさくらさんへ行きたいと思います。
皆さんも小千谷へ訪れた際は是非さくらさんへ~!
=========================
ビストロさくら
TEL・・・0258-82-0706
住所・・・・小千谷市大字桜町2184-4
定休日・・・毎週月曜、他月2回
ランチ・・・11:30~13:30
ディナー・・17:30~20:00
=========================



【お知らせ】
石井農園のホームページにて新米予約を行っております。
9月末までにご予約頂くと送料無料。是非この機会にお試しをー!



各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)

ベジタブルランチ。

2010年08月27日 22:22

久しぶりに奥さんとお出かけしました。ランチっていいですな!   ◎ブログの応援も、何卒宜しくお願いしますー! → ブログランキング現在の順位は?


昨日、新潟市西区にある展示場「ピュアカーサ」へ行ってきました。
DSC_0215.jpg
その目的はと言いますと・・・・


これ! 
DSC_0210.jpg
ピュアカーサのカフェスペースを使って、開催されているベジタブルランチ。

実はこのランチ、
新潟市で活躍する3人の女性農業者さん達が料理研究家の先生と一緒に、
「自分たちの農園で育てた野菜を、自分達で調理して提供する」ランチなんです。

自分で作って自分で料理して提供する・・・まさに「自産自消」。すげー!
DSC_0211.jpg
こちらが主催者の農家さん達!

左から、
坂井ファームクリエイトの坂井さん。
保刈農園の穂刈さん。
カガヤキ農園の渋谷さん。


皆さんとは青年農業クラブ(4Hクラブ)の活動を通して知り合いまして、
以前からこのランチを食べに行きたいと思っていたのです。

稲刈りが始まるといよいよ時間がなくなるので、
今のうちにネギ出荷の合間を縫って行って参りました!


会場は凄くオシャレ。 そしてこのイベントはこれまでにも
メディアに取り上げられていて、大盛況!
DSC_0212.jpg
ランチは限定40食でして、私達はギリギリ滑り込みでした!
食べれて良かった―!


今回のメニューは、桃とミディトマトの冷製スパサラダ、
きゅうりとみょうがとオクラの塩サラダ、なすの味噌汁、
DSC_0206.jpg

なすの味噌カレーライス、
DSC_0208.jpg

そして茶豆プリン。
DSC_0207.jpg
どれもこれも凄く美味しかったです・・・!


写真は、「自分のカレーを食べながら奥さんのカレーを狙っている所」です。
DSC_0209.jpg
奥さんに言い訳できぬ瞬間を激撮されました。 
だって・・・・このカレー超旨いんですもの!


女性農家の皆さんも、多忙な中時間を作ってメニューの準備をし、
これだけ賑やかなイベントを毎回行っているんだから本当に凄いです。
とても刺激になりました・・・! 私も頑張ろう!


このベジタブルランチの詳細は、
=========================
料金・・・大人(中学生以上)1000円。子供600円。
場所・・・新潟日報社となり、ナレッジライフ「ピュアカーサ カフェスペース内」。
日時・・・毎月第2・第4木曜、11:30~13:30。

※限定40食なのでお早めに!
=========================
と、なっております。

また、坂井さんのブログ保刈さんのブログでもランチの紹介がされています。

次回のランチは9月8日です。
是非、ピュアカーサへ~!


【お知らせ】
石井農園のホームページにて新米予約を行っております。
9月末までにご予約頂くと送料無料。是非この機会にお試しをー!
各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)

タバコ農家のおはなし。

2010年08月20日 23:37

ホームページにて新米予約受付中!  何卒、応援をー! → ブログランキング現在の順位は?


もう半月以上も前のお話ですが、農業青年クラブの活動で
若手農家メンバーの畑を見学して回るってツアーを行いました。

花苗農家、アスパラ農家、ゴボウ農家など色んな作物の畑をまわり、
自分が作っていない作物の話を聞くのは新鮮な情報ばかりでとっても刺激的でした。


その中で一番印象に残ったのが「葉タバコ農家」のお話。
P8060144.jpg
写真一面に広がる黄色い葉っぱの植物がタバコです。
これがタバコ会社さんに送られて、あの煙ぷかぷかのタバコになります。

新潟市の西蒲区など海にちかい砂丘地では、昔からタバコの生産が盛んです。
しかしタバコの消費減に共ない、年々農家の生産量も減ってきているそうです。


私もタバコ生産の仕組みはこの時初めて知ったのですが、
タバコ農家はタバコ会社と生産量を契約し、契約農家としてタバコを育てます。

けれど年々タバコの需要が減るにつれ、
「生産調整」としてタバコ会社から一定の補助を貰いながら
年々面積を減らして栽培を続けているんだそうです。


幾ら生産調整の補助があると言っても、栽培面積が減ればそれだけ単位面積あたりの
栽培コストは増える訳で、一定の量まで生産調整が拡大したら思い切って作目の変更も
考えなければいけないって話をしていました。


メンバーの畑を見学し、色んな話をした後は海辺でバーベキュー。
P8060147.jpg
肉は旨いし夕日はキレイ。 ビバ!日本海。


先ほどのタバコ地域のお話の続きですが、
新潟県内の砂丘地域の一部ではタバコの今後の更なる生産減少や
年々増える耕作放棄地の対策として「サツマイモ」の生産を始めてるんだそうです。

そして生産したサツマイモを使って酒蔵会社と芋焼酎をつくり、
地域の特産品に育てるとのこと。 すげー。



最初「生産調整」って言葉を聞いた時、
タバコ農家も米農家と同じで大変なんだなぁ・・・と思ったのですが
その後のタバコ農家の取組みを聞いてたら「米農家も頑張らねばならん!」
って喝を入れられた気分でした。


その作物の新たな需要を開拓するのか。
思い切って新天地を目指すべきか。

米粉とかも、今以上に日の目を見る時が来るといいのだけれど。




 



各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)

群馬県のネギ農家、岩田さん。

2010年08月12日 20:14

お忙しい中本当にありがとうございました! 今後も何卒宜しくお願い致します!   何卒、応援をー! → ブログランキング現在の順位は?


先日、群馬県のネギ専業農家である岩田さんの元へ行ってきました。
P8100211.jpg
岩田さんとはブログを通じて知り合ったのですが、
ネギの大産地である群馬県のネギ農家さんと言う事もあり、
是非直接お話を伺いたいと以前から思っておりました。 そしてついに群馬へ!

岩田さんのブログはこちら・・・「農家ですが 何か?」


岩田さんの畑は群馬県の榛東村と言う所にあります。
位置的には榛名山の東側、前橋市の西側に当たります。

写真は榛東村から見た前橋市。 
P8100205.jpg
榛東村は面積の大部分が榛名山から連なる山の山裾にあたり、
市街地に近い所は温暖な気候、山の方は冷涼な気候と
村の場所によって標高や気候が全く違います。(高い所は標高1000M以上)


そんな榛東村の各所に畑をもつ岩田さんは、長ネギの周年栽培と
P8100189.jpg

下仁田ネギの栽培を行っています。
P8100190.jpg
見事なネギ畑です!


また、岩田さんの地域ではネギの育苗~定植方法が私の地域と異なります。
私の地域ではチェ-ンポットを用いた育苗~定植方がメインなのですが、
こちらでは地床育苗による大苗定植がメインです。
P8100191.jpg
写真は大苗を定植したばかりの畑。


チェーンポットと大苗定植にはそれぞれメリットとデメリットがあります。
例えば・・・

チェーンポットは定植が省力化出来る半面、苗を選んで定植する事が出来ないので、
定植後に生育ムラが起きやすいと言われます。
※小さな苗の生育が負けてしまう。

一方、大苗定植は定植作業こそ大変ですが、苗の大きさを選別してから
植える事により、生育を均一に整える事が出来ます。


私も今後更にネギを拡大するに当たり、前年の秋に種をまき苗で越冬、
春に大苗で定植し、チェーンポットよりも早く出荷を開始する作型を
新たに導入しようと考えています。

なので大苗定植~育苗のお話は大変勉強になりました・・・!




次は畑を後にし、調整作業場へ。

作業場でまず驚いたのは管理機の数・・・・!
全部で4台ありました。
P8100195.jpg
ネギの種類や作業によってそれぞれ使い分けているとの事。
しかも所々に独自のカスタマイズがされてあります・・・凄い。


こちらはネギを出荷調整するときに使う道具。
丈を揃える為に使う箱と、葉を一気に落とす為の巨大な包丁。
P8100201.jpg
調整に使う箱は勿論自作。 
更に大きな2本の包丁は、1本は加治屋さんに特注で作って貰ったモノ。
もう1本はノコギリを加工して作ったモノなんだとか!・・・凄い!


さらに岩田さんの作業場から道を挟んだお隣の別の農家さん(岩田さんの親戚)が
丁度ネギの出荷作業をしていたのでこちらも見学させて貰いました。

皮を剥いたネギの立派さにも驚いたのですが、それ以上に驚いたのが
ネギの皮むき機・・・・! なんと・・・これも自作!!
P8100204.jpg
水道管や電磁弁を使った自作の皮むき機、軽やかにネギ皮を剥いていきます。
もはや完全に農家のDIYの粋を越えています・・・凄すぎる。
※ってか、売れますよコレ!


他にもネギの定植穴を開ける為の道具等、
自分の使いやすいように作った独自の道具が色々ありました。

自作した道具の完成度の高さもさることながら、
ココまで自分で作れるんだ!と目から鱗でした。
私ももっと色々アイデアを働かせて独自の道具を生み出そう・・・!



この日は栽培技術のお話以外にも、経営に関する事、
市場との付き合い方、製品の品質に関する意識、地域の事・・・etc。
色んなお話を聞かせて頂きました。

お忙しい中、本当にありがとうございました!

群馬と新潟、隣県で距離も近いので今後も色々情報交換が出来ればと思います。
これからも、何卒宜しくお願い致します!!


各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)

久保農園さんへキャベツ定植見学。

2010年08月11日 22:14

お忙しい中本当にありがとうございました! また今度、収穫の時期に研修に行かせて下さいませ・・・!   何卒、応援をー! → ブログランキング現在の順位は?


先日、長岡市の久保農園さんに行って参りました。
P8090165.jpg
理由はキャベツのチェーンポット定植を実際に見学する為。


私も現在チェーンポットによるキャベツ育苗を行っているので
自分の畑の定植を行う前に色々勉強をしたかったのです。
P8090166.jpg


キャベツはネギの定植と違って畝の上に植え付ける為、
久保農園さんでは2人が畝を挟むようにひっぱり君を引き、
1人がその後から手直し・補助をしながらついていくというフォーメーションでした。
P8090169.jpg
強い日照りで土が固く乾いていてトラクターで細かく砕けなかった為、
定植に少々手こずりましたが、それでも10アール強の定植を3時間で完了。


定植後はたっぷり潅水。
夏の定植は苗がしっかり根付くまでの水管理が何より大事です。
P8090177.jpg
久保農園さんでは潅水チューブを使って水を与えるのですが、
1つのエンジンポンプで広範囲に一気に散水できるように自作した塩ビ管のハブを
使って5~6本のチューブへ一度に水を送れる工夫していました。



夏の定植作業は気温が高く乾きやすいので苗に気を使うだけでなく、
他作物の作業も忙しいので、いかにスピーディーに行えるかが大事です。

毎度毎度の事ですが、本当に勉強になる事ばかりで興奮しました。

他にもネギなどキャベツ以外の作物の栽培情報や、
肥料、農薬、新しい栽培指針など色んな資材についてもお話を聞かせて貰いました。


お忙しい中、本当にありがとうございました!

私も始めてのキャベツ栽培、成功するように頑張ります!
そしてこれからも、何卒宜しくお願い致します。



各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)

野菜勉強会!

2010年07月31日 20:04

まだまだしょっちゅう失敗してます。失敗して気付く事も沢山。  何卒、応援をー! → ブログランキング現在の順位は?



一年間学んだ事を畑で実践してみると、その先にこれまた色んな
疑問や課題が出てきて(見えてきて)また質問がしたくなります。


夏は植物の成長が早い為に作業が多くて凄ーく忙しい反面、
畑には色んな野菜が溢れていて、実地研修するにはうってつけの季節でもあります。

なので時間を作って積極的に勉強会に参加してます。


普及所さん主催で行ってくれる園芸勉強会。
P7160173.jpg
比較的若い農業者を対象に、各種野菜の基礎的な管理や営農上の技術を
地域の指導農業士の方達と一緒に教えてくれます。


そして個人的な勉強会として、去年一年間お世話になった農大教授の元へ
一緒に大学で園芸を勉強したメンバーで訪問して勉強会。
P7280090.jpg
今思えば、そもそも農業を始めて2年目の私は、
最近やっと教えてくれる人達の話が(少しずつではありますが)
咀嚼出来るようになりつつある段階なのかなと思います。

やっぱり、ある程度の基礎知識や実体験がないと
折角教えて貰った話が十分に理解できない訳で。

そして学んだ事を畑で実践してみると、その先にこれまた色んな
疑問や課題が出てきて(見えてきて)また質問がしたくなります。


なので、こうやって定期的に勉強出来る機会を
作ってくれる人達に本当に感謝です。

その御恩に報いる為にも、
自分はまだ2年目の超ペーペーである事を改めて肝に銘じて、
もっともっと勉強せねば・・・!



各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)


畑や かとうふぁーむにて、園芸福祉を知る。

2010年07月28日 20:14

4Hクラブの活動の一環で農園にお邪魔したのですが、色んなお話が聞けて凄く勉強になりました。 ありがとうございましたー!  何卒、応援をー! → ブログランキング現在の順位は?


先日、新潟市西蒲区の「畑や かとうふぁーむ」さんへ行ってきました。
DSC_0144.jpg
畑やかとうふぁーむさんのHPはこちら


なんとこちらでは、8棟のハウスを使って年間約120種類もの花苗を栽培されています。
DSC_0141.jpg
かとうふぁーむさんでは花苗の栽培~販売を行うだけでなく、
自社で依頼を受けて花壇の植え込み製作なども行っています。
その為、常に多品種の花を揃える必要があるんだそうです。


そしてこちらが農場主の加藤さん。
DSC_0124.jpg
実は加藤さんは元サラリーマンで、6年前にこの農場を立ち上げたばかりなんです!

商社で営業として15年間勤めていたのですが
「自営業者として事業を起こしたい」と、就農研修~就農計画の作成~申請を得て
農業の道に進みました。 ※詳しくはHPでも紹介されています。


脱サラ就農した先輩としても貴重なお話を聞かせて頂いたのですが、
もうひとつ教えて貰ったのが「園芸福祉」という活動について。


園芸福祉の事を紹介すると、
==================================
「園芸福祉」とは、自然を感じながら、植物を育て、収穫する・・・
そんな園芸活動を通して、人と人とが触れ合いながら、
「からだ」の健康 、「こころ」のゆとりや豊かさを育んでいく活動です。

園芸作業そのもののもたらす様々な効果を利用することで、
家庭生活からコミュニティや町おこし、生涯教育、福祉・医療機関など、
活動の場面はどんどん広がっていき、興味のある方なら誰でも
参加できるのが園芸福祉の魅力。
==================================
というものです。 ※HPより抜粋。


加藤さんが園芸福祉と出会ったのは就農準備を行っている時。

就農するにあたって「作るだけの農業ではいけない」と考えていた加藤さんは、
農業の魅力を色々な形で伝えて行こうと園芸福祉に取り組んだそうです。


ちなみに園芸福祉には「園芸福祉士」って民間資格があり、
新潟で最初に取得したのが加藤さん!

そして今ではなんと県内の取得者は300名以上。
この数字は、今の世に需要があって、支持されている証しだと思います。



食育とか、農業体験とか、
今は社会的なモノ~営利的なモノも含めて色んな農業活動(サービス)があるけれど、
「園芸福祉」って活動はなんだか凄くスッと心に入ってきました。

食料生産、土地保全だけじゃない、これからの農業の大きな役割。


今まで知らなかった自分が恥ずかしい反面、
また一つ農業の事が学べて嬉しくなりました・・・!


この度はお忙しい中お時間頂き、本当にありがとうございましたー!



※かとうぁーむさんでは毎年春と秋に花苗の販売や各種イベントを行う
 収穫祭を開催しています。是非HPをご覧になってみて下さい(^-^)!


各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)

荻原さんの講演を聞いてきた。

2010年07月25日 20:15

今回行ってきた講演は7月17日の回。荻原さんの講演は8月にも予定されているので興味のある方は是非調べてみて下さい。(要予約です。定員が限られているのでお早めに!)  何卒、応援をー! → ブログランキング現在の順位は?


先日、新潟市北区にあるビュー福島潟に行ってきました。
P7170191.jpg
ビュー福島潟はぐるぐるとらせん状の建物で360度ガラス張り。
なんか東京スカイツリーの展望室っぽい。


でもってソコに何しに行ってきたかといいますと、
4Hクラブ(全国農業青年クラブ)の前会長でアグリズムの編集長も務めている
「信州ファームの荻原さん」の講演を聞きに行ってきました。
P7170192.jpg
これは秋に新潟で行われる「APEC新潟食料安全保障担当大臣会合」を記念して、
世界の食料・農業事情や文化などをテーマに、講演会や来場者との意見交換会を行う
というもの。


荻原さんの講演は
「地方から日本を元気に ~「若者」×「農業」=「農業革命」」

講演の中で荻原さんの就農までの経緯、信州ファームの取り組み、
4Hクラブなど若手農家達と行っている活動、今後の夢・・・etc。

40分程度のお話だったのですが、聞き入っていたせいか
あっという間に時間が過ぎてしまいました。
P7170193.jpg
※写真はビュー福島潟6Fからの景色。
 講演会は360度ガラス張りの展望台で行われました。
 (日差しが強かったから殆どカーテンされていましたが) 


荻原さんの講演会を聞いて感じた事、考えさせられた事が沢山あったのですが、
一番印象に残ったのが「若いスタッフ達が活躍する信州ファームの活気」について。

やっぱり自分は家族経営よりも、より多人数で、
出来るなら若いメンバーとチームで農業をする事に憧れてるんだなと
改めて感じました。


20代はあと3年しかないから・・・気合い入れて土台を作らねば!!


各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)

埼玉県入間の上原さん。

2010年07月22日 20:05

先日まで、幾つかの用事があって東京~埼玉へ行っておりました。
そして、兼ねてより訪問したかった埼玉県入間市の「上原農園」さんへ行ってきました!!
P7200048_20181121221750bcf.jpg


上原さんとは最初ブログを通して知り合ったのですが、
その後東京の直売イベントで出会ったり、農業界で頑張っている共通の知人がいたり、
野菜栽培など営農上のアドバイスを貰ったりと、度々お世話になってきました。

今回は上原農園さんへ行ってきた内容をまとめます。


まず、上原さんのいる入間市は
およそ400ヘクタールもの茶畑が広がる「狭山茶」の大産地。
P7200032.jpg
『色の静岡、香りの宇治、味の狭山』といわれるほど美味しいお茶です。

茶畑には霜を除ける為のファンが随所に設置され、
お茶産地独特の風景を作り出していました。
P7200033.jpg
そして上原農園さんでは、お茶と野菜の複合経営をされています。


栽培している主な野菜は、里芋(代々自家採種して育てている伝統の芋です)。
P7200037.jpg


ゴボウ。
P7200026.jpg


枝豆。
P7200036.jpg


トマト。
P7200042.jpg
その他にも、トウモロコシ、ブロッコリー、人参、ネギ・・・etc。
様々な野菜を栽培されています。


そして、上原農園さんでは各野菜の主な栽培担当と販路が決まっています。


里芋、ゴボウなどの根菜類は16代目の親父さんがメインで栽培し、
販路は市場出荷が中心。

トマトなどの果菜類や枝豆、さらにそれ以外の他品種の野菜は
17代目の上原さんが栽培し、埼玉~東京の各スーパーで直接販売しています。


スーパーでの直売を始めたのは17代目の上原さんが始めた新しい取組み。
昔ブロッコリーが市場で「一箱50円」で買い叩かれた事があり、それをきっかけに
自分で価格設定できる販路を作ろうと決心したそうです。

また、上原家の家訓に「時代にあった農業経営をすべし」という言葉があり、
この教えも直売販路という新たな取り組みへの背中を押すものでした。



上原農園では昔、養蚕や養豚を行っていた時代もあったそうですが、
時代と共に移り変わる需要や価格、消費者のニーズに合わせて
生業を変化させて来たんだそうです。

「時代に合った経営と、自分に合った経営。」

この二つが同じ方向を向いている事が大事とのこと。
米農家の自分にとって、胸にぐっさり刺さる言葉でした。

時代を生き抜ける米農家になる為に、もっと頑張らねば・・・!



その他にも衝撃を受けた事が色々ありました。

まず、農地について。
越後平野の重たい粘土質の土と、全く土が違う! これが関東の土かーーーー!!
P7200035.jpg
このあたりは黒ボク土と関東ローム層の混合系の土で
乾燥すると砂漠の砂のようにサラサラになるんだそうです。
※冬はこの土が砂嵐となって舞い上がり、とっても痛いそうです・・・!



そしてもう一つが突如上空に鳴り響く爆音。
P7200046.jpg
近すぎて車輪まで良く見えます・・・・!かなり低空・・・・!

上原さんの畑は丁度横田基地の滑走路の延長線上で、
米軍のヘリやら戦闘機やら輸送機やらが真上を飛んでいきます。
驚きの迫力でした。



最後に、帰る際に沢山のお土産を頂きました!
P7200044.jpg
お茶、トウモロコシ、トマト、枝豆、そして伝統野菜「のらぼう菜」の種!
御馳走様です!


今回農場に直接伺って、改めて聞かせて貰った上原さんのお話は
考えさせられる事も多くてとっても勉強になりました・・・!

忙しい中、本当にありがとうございましたー!

稲作勉強会。

2010年07月15日 20:00

今日のブログは2本立て。  何卒、応援をー! → ブログランキング現在の順位は?


先日、普及所さんの主催する稲作勉強会第二回に参加してきました。
※先月の稲作勉強会の模様はこちら
P7130130.jpg
今回の内容は「穂肥の考え方」と「病害虫の発生・防除」について。


まずは穂肥料についてのお話ですが、稲はこの時期から穂を作り始めます。

そこで穂をしっかりと作る為に必要な栄養を与えてやる訳ですが、
与えるタイミングや与える量がを見極める事が非常に重要なんです。
P7130135.jpg
その為に稲の草丈を測ったり、葉っぱの色を調べて稲の栄養状態、
生育状態を調べる訳です。


ちなみに稲の茎をプチンと取って、茎の皮をどんどん剥いでいくと・・・
P7130127.jpg


もう稲穂の赤ちゃんが出来てました。
P7130126.jpg
写真はこしいぶき(コシヒカリよりも少し早く収穫できるお米です)の幼穂。


今年は春の低温の影響で、土から溶けださなかった養分が今になって効いてきた田んぼが多く、
肥料を与えるタイミングに待ったを掛ける所が多いんだそうです。(肥料過多にならない様に)

穂肥はお米の味・品質に大きな影響を与えるだけでなく、
毎年の環境によって与え方が変わる為、先輩農家の方々も非常に難しい作業だと
言っていました。   うーむ、奥が深い!




続いて病害虫のお話。



写真の中に枯れている茎が混ざっているのが分かりますか?
P7130131.jpg

その茎を取ってみると、なにやら節のあたりに穴が開いています。
P7130123.jpg
※この下の写真は「幼虫」苦手な方は「要注意」 ・・・ダジャレ!  



茎の中から出てきたのは「ニカメイガ」の幼虫。
P7130124.jpg
茎を食害して枯らしてしまう、ザ・害虫です。


こちらはカメムシ(厳密にはアカヒゲホソミドリカスミカメ。通称あかひげ!)。
P7130137.jpg
コイツもザ・ガイチュウ。

これから稲穂が出てくると稲穂の養分を吸い始めます。
カメムシに汁を吸われた穂は茶黒くなりお米の品質を劣化させます。



そしてウンカ。
P7130138.jpg
カメムシと並び、メジャーなGAITYUU。
3~5mm程度のかなり小さい虫でして、よく写真に撮れたもんだと自分に感心。

ウンカは稲の茎から養分を吸いだしてしまいます。しかも、集団で。汗
さらにコイツらの凄いトコロは、下層ジェット気流にのって大陸からやってくる事!!

「国境を越えてくる虫」って知った時は衝撃でした。 
まさに「日本海封鎖出来ません!」状態。



そして最後がこちら、いもち病。
P7130125.jpg
キングオブ・稲病害。 稲の天敵といっても良い病気です。 
被害が広がると稲が枯れます。

葉色が強い(肥料が効いている状態)とより感染しやすく、
更に低温、加湿、日光不足などの条件でも被害が拡大します。

まさに今年はいもち病が大発生しそうな気候条件です。
ウチの田んぼでもいもち病が出始めていました。涙


今後梅雨が明けたらカラッとした暑い夏になってくれればよいのですが・・・。



今回も普及員さん、指導農家さん、先輩農家さん達のお話は大変勉強になりました!
ありがとうございましたー!

次回の勉強会(次はお米の品質検査)も凄く楽しみです。


各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)

4Hクラブ サマーフェスティバル。

2010年07月14日 20:14

次回のなじら直売イベントの予定は8月8日、コメリ河渡店にて!   何卒、応援をー! → ブログランキング現在の順位は?


月曜日、新潟県農業改良クラブ連盟(通称4Hクラブ)の
プロジェクト発表会であるサマーフェスティバルへ行ってきました。

ちなみに4Hクラブってのは県内各地域で若手農業者が集まって、
「もっと農業を良くする為に」いろんな活動をしている団体です。


会場は長岡市立劇場。
P7120122.jpg
このサマ―フェスティバルでは県内各地域でそれぞれ活動している
若手農業者団体(4Hクラブ)が、この一年間で行ってきたプロジェクトをそれぞれ
発表していきます。


内容は、レストランと農家が連携した農作業体験プロジェクトや、
直売所運営の成果・課題発表、保育園児やその保護者などを対象とした食育活動、
地域食材を使った加工品の開発、農作業事故の原因分析と対策の研究など。

どれも実に聴き応たえのあるプロジェクトでした!


翌日の新潟日報でも記事になっておりました。
P7140146-1.jpg
※ピンボケでスイマセン!


私が所属している4Hクラブ「なじら」でも、
今後夏~秋にかけて多くの直売イベントなどを予定しています。

その際は是非、ちょこっと活動を覗きに来てくれると嬉しいです!


各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)

農園ビギンさんへ行ってきました。

2010年07月08日 21:51

皆が活き活き働いている会社って本当に素晴らしい・・・!  何卒、応援をー! → ブログランキング現在の順位は?


私昨日、新潟県小千谷市にある「農園ビギン」さんに農場見学へ行ってきました!

農園ビギンさんの農場がある小千谷市は、
稲作も畑作も盛んで複合経営の農家が中心の地域です。
P7070072-1.jpg
この写真は農園ビギンの畑から小千谷を望んだ一枚。
高台は畑が多く、写真奥に広がる平地には田んぼが広がっています。


当日は社長の南雲さんと、
P7070064.jpg


社員の新谷さんが色んな話を聞かせてくれました。
P7070078.jpg
※顔は帽子で隠れていますが(農作業中は更にマスクを付けて完全に肌を隠すらしいです)、
 素顔は笑顔が眩しいとっても素敵な方です!


農園ビギンの事を少し紹介させて頂きますと、社長の南雲さんが
20年前に立ちあげた法人で現在は30ヘクタール程の水田(作業委託含む)と
2.5ヘクタールの程の畑作(野菜栽培)を行っています。

また、社員は新谷さんの他にも若い男性スタッフが2名おり、
小さなお子さんのいるパートさん達も活躍しています。



そして農園ビギンでは自社で栽培したサツマイモを加工した
「さつまいもプリン」という商品があります。

これは雪深い小千谷で農業の出来ない冬場にも現金収入を得ることで
周年の作業を安定化させたいという社長の想いと、
東京農大で学生時代からサツマイモを研究し、サツマイモを愛して愛して愛してやまない
新谷さんの情熱で生まれた商品。 私も先日食べんたんですが、すげー美味しい!!


自社で栽培~加工~販売まで行う。
まさに農業の6次化! 


更に農園ビギンさんでは栽培している野菜の種類も多いのです。

まず、スイカ。
P7070063.jpg

南魚沼の八色スイカと並び、小千谷のスイカもとっても旨いです。
P7070065.jpg


メロン。
P7070066.jpg

徐々に網目が入ってきてます。
P7070067.jpg


トマト。
P7070062.jpg


アスパラ。
P7070068.jpg


ネギ。
P7070069.jpg

ネギに関しては私も栽培しているので栽培技術や防除内容、
使っている肥料など色々聞かせて頂いたのですが、農園ビギンさんでは
肥料も農薬もグッと抑えた栽培を行っており、めちゃくちゃ勉強になりました・・・!
P7070070.jpg
コストと手間を抑えつつ、高品質な作物を作る。
私ももっと頑張ろう!!


そして、新谷さんの魂と愛情の注がれているサツマイモ。
P7070077.jpg

サツマイモの品種を数えながら畑の説明をしてくれる新谷さん。
P7070082.jpg
もう、サツマイモの話をしている時の新谷さんのキラキラっぷりがハンパ無い。笑
本当に農業(そしてサツマイモ)が大好きなんだなってのがビシバシ伝わってきます。 

私も常にそうあらねば!



そして、これからの時期カリフラワーも栽培されるとの事。
う―――む!これだけの規模の他品種栽培を行うのは凄いの一言。


でも、もっと凄いのは農園ビギンの販売方法・・・!

カリフラワーを除いた全ての野菜は、農協や市場などの流通を使わずに
祭事などイベントブースでの販売、地元企業への販売、飲食店との契約販売など、
全て独自のルートで売りきるんです!!

時には軽トラックに作物を積込み、地域の方へ行商を行う事もあるんだとか。




その他にも、
皆が活き活き活躍している農園ビギンの社風や、
東京から小千谷へお嫁に来た新谷さんと農園ビギンの出会い、
今後の農園ビギンの経営展開など
ブログに書き切れないほど沢山の刺激的なお話を聞かせて頂きました。

おかげでまた、農業へのモチベーションがグングン上がりました!


この日はお忙しい中お時間を作って頂き、本当にありがとうございました。
今後もどうぞ宜しくお願い致します・・・!



※ちなみに農園ビギンの日常は新谷さんの管理するブログ、
 【☆農園ビギン☆~笑う門にはイモ来たる~】で、公開されています。
 
 「農業の事は良く分からん」って方も、凄く楽しめるブログですよー!
  

各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)

農機具展示会 サンクスフェア。

2010年07月03日 22:59

来週の農園ビギン訪問が今から楽しみ!!  何卒、応援をー! → ブログランキング現在の順位は?


昨日、新潟市の産業振興センターで開催されていた
「サンクスフェア」に行ってきました。
P7020008.jpg
サンクスフェアが何かと言いますと、
農協さんが主体となって行っている農機・資材等の展示会でございます!


各メーカーの行う単体の展示会と違って、
農協を軸に多くのメーカーが参加するので規模がとても大きいのですよ。

来場している農家さんの数も凄く多くて、
県内各地からバスで来場している団体も沢山いました。
P7020004.jpg

P7020005.jpg


バスの数にもビビったのですが、
更に駐車場の中には農機の中古等を販売する「フリマ」を発見!!
P7020007.jpg
フリマなのに・・・値札が数百万なんですけどーー!!
※それでも新品に比べれば格安。「売約済」シ―ルも沢山張られてました。


いやー、会場内に入る前からテンションが上がってしまいましたよ。


更に会場の中には、各大手農機メーカーのブースがずらり!
まずはヤンマー!
P7020009.jpg


三菱農機!
P7020012.jpg


クボタ!
P7020015.jpg


イセキ!
P7020016.jpg


マメトラ!
P7020020.jpg


サタケ!
P7020014.jpg
他にも色んなメーカーが参加していました。
圧巻。


欲しいモノなんてキリが無いんですが、
特に今後の営農上興味を持っているモノを二つ紹介。


まずは、フレコンスケール。
P7020011.jpg
これはお米を一トン単位で出荷する事が可能になる機械です。

現在、ウチではお米の出荷は玄米を30キロ袋に人力で詰めて運んで・・・を延々続ける
過酷な作業なのですが、これがあればフォークリフトでの積み下ろしだけでOKなので
体力的な負荷の軽減、資材費(袋代)のコスト削減など、作業の効率化が図れます。

稲作の規模拡大をするようならば、必ず入れたい機械。



お次は、セット動噴(リモコン付き)。
P7020022.jpg
これは野菜の予防などに使う道具。

現在、薬液散布をする際には25リットル容量の散布機(総量30キロ以上)を
背中にしょってえっほえっほと畑を歩きまわってるんですが、
この道具があれば大きなタンクからポンプが直接薬液をホースに送ってくれるため
重たい機械をしょわずに済み、更に小まめに薬液を補給せずに済むんです。 

これまたかなり作業が早く・楽になります。


まぁ、どちらも気軽に買える品で無いので、まだまだ導入出来ませんが!
頑張れワタシ! 


色んな農機具を見てると新しい発見や刺激が貰えます。

そして「あれがあればあんな事が出来る!」と新しい作物の導入や
既存の作物の作業性向上~規模拡大に想いを巡らせています。

ただ、あまりあれこれ買って「農機貧乏」になってもしょうがないので
何か買う時はしっかり計画を立てて、悩み抜いてから買うようにしています。

これからも、まだまだ色んな農機展示会が行われるのですが
時間の許す限り見学に回りたいと思います。



各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)




PS


実は今回の展示会では、渡しのブログとリンクして頂いてる
農園ビギン☆~笑う門にはイモ来たる~の、りっつさん、
農園ビギンのスタッフさん達もブースを出店されていました!


農園ビギンさんのブースでは「さつまいもプリン」や
「スィートポテト」などを販売されていました。 勿論、即買い。
P7030052.jpg
うまぁ―――い!!

どちらも農園ビギンさんで栽培~加工まで行っている品でして、
サツマイモの持つ甘みがしっかり生きてるめちゃくちゃ旨いスィーツでした!

そして来週、私農園ビギンさんへ農園見学にお邪魔してきます。

農園ビギンさんは、若いスタッフが多く活気があり、
更に色んな品目の野菜を栽培されていたり、農産物加工や様々な消費者交流の
イベントを行っていたりと見所(聞き所)が盛りだくさんです・・・・!


今から凄く楽しみです。
お忙しい所恐縮ですが、来週、何卒宜しくお願い致します!


坂井ファームクリエイトさんへ!

2010年06月25日 22:34

他の農家さんの所へ行くと、いつも発見があります。 自分ももっと頑張ろう! 何卒、応援をー! → ブログランキング現在の順位は?


先日、長岡の久保農園さんの紹介で新潟市の
坂井ファームクリエイトさんにお伺いしてきました。
P6230087.jpg
こちらは小松菜を主に栽培しており、ハウスの延べ面積はおよそ1haとの事。
ハウスの中はサッカーが出来そうなほど広いです・・・!


収穫された小松菜は数名のスタッフさんと包装機によって袋詰めされ、
その後契約スーパー等へ届けられて行くんだそうです。
P6230086.jpg
坂井ファームクリエイトさんは社員・パート含め20名ほどの
スタッフさん達で運営されています。

ウチの様な小さな個人農家比べると設備、仕事の仕組み、経営方法など
あらゆるものが全く違い、勉強になることばかりでした・・・!


何より、坂井さんや久保さんの農業について話している時の
キラキラっぷりがハンパ無い。(ちなみに、二人は農業者大学校の先輩後輩) 

本当に農業が好きで、仕事に夢中なんだと思います。
そーいう農家は本当にカッコイイ! 私もそんな農家になるべくもっと頑張らなければ。



そして、坂井ファームクリエイトさんは「採彩」って直売所も運営しています。
この日も多くの農家さんが持ちよった野菜が店内に並び、お客さんも沢山来店していました。
P6230089.jpg
今は新潟駅構内(万代口)にも店舗を出しているんだそうです。
新潟駅を利用する際は是非!



最後に、お土産として沢山の小松菜を頂きました・・・!
P6230088.jpg
お忙しい所お邪魔したにも関わらず、
こんなに沢山のお土産まで頂いてしまいスイマセン! 

小松菜はその日の夜にゴマ和えにしたのですが・・・・絶品!!
小松菜うまーーーーし!!


この日は一日、本当にありがとうございました。
そして、今後も新潟県の農家として宜しくお願いたします!!


各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)

岩室のレガーロとメルカート。

2010年06月10日 20:33

去年挑戦したアスパラガス栽培の堆肥も、フジタファームさんから頂いたモノです。    何卒、応援をー! → ブログランキング現在の順位は?


石井農園から車で10分、旧岩室村に
絶品のジェラートを提供しているお店があります。
P5220072.jpg


ジェラテリア・レガーロ 。
P5220070.jpg
新潟県民ならばきっとココのジェラートを食べた事がある方も多いはず・・・!


しかも!!

この組織の取組みは【農業の6次産業化】【循環型酪農経営】として
高く評価され、今年、39回日本農業賞大賞を受賞されました。

この日本農業賞とは農業関係の中で最も権威ある賞で、
日本農業のノーベル賞と言っていい位もの凄い賞です。



具体的に組織の取組みを紹介しますと・・・

レガーロからスグ近くの牛舎で酪農を営んで牛乳を生産し、
その生乳をジェラートに加工・販売。更に牛の堆肥を稲作や家畜用飼料の生産に利用して
地域の農業資源をフル活用しています。


ウチの近所にこんな素晴らしい農業組織がある事はとっても感激です!
石井農園も頑張らねばー! (全くもって月とすっぽんですが!)




・・・・さて。
ここで少し話が変りまして。

レガーロの目の前に「メルカート」って直売所があります。
P5220068.jpg
そこで・・・・


現在石井農園のブロッコリーをワシワシ販売しております!!
P6050189.jpg
ジェラートを食べに来たついでに、是非!
石井農園のブロッコリーも召しあがって(購入して)下さいませー! 何卒-!



各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)



PS


ジェラートを注文して、食べる前に写真を撮ろうと思ったのですが、
お店のスタッフさんにジェラートを渡された瞬間・・・反射的に食べてしまいました。
P5220071.jpg
食べかけ写真でスイマセン! 私のバカ! ・・・でも、超旨い! 

自我が抑えられない程に旨いジェラートです。

大規模枝豆栽培。

2010年06月02日 22:37

枝豆は大変な作目だけど、組織的に取り組んでる事例を見るとやっぱり憧れてしまいます。  何卒、応援をー! → ブログランキング現在の順位は?


先日にもちょこっと書きましたが、弥彦村は枝豆栽培が盛んです。
既に5月から極早生品種の「弥彦娘」の出荷も始まりました。

その一方で、まだまだ夏用の枝豆の植え付け作業も急ピッチで進められています。
P5310122.jpg
例によって、これはウチの畑でなく近所の法人さんの枝豆畑を見学させて貰ってます。
2台のトラクターで一気に畑を耕して行く様は圧巻。


そしてトラクターのロータリーと一体型の畝立て成形機+マルチャー。
P5310123.jpg
この機械の仕事が早いのなんのって。


あまりに見事なので今回も動画を撮ってみました。

スピード、仕上がり共に見事!


マルチを張った畝には定植機がどんどん苗を植えて行きます。
P5310127.jpg
ヘクタール単位で大規模に栽培される枝豆作業はやっぱり凄い。


昨日記事に書いた大豆と並んで、枝豆の生育・作業の流れも
勉強の為にしっかり見守っていきたいと思います。



各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)

六本木農園と偉大な先輩たち。

2010年04月22日 20:08

農業を始めて、「凄い!」って思える先輩農家さん達に沢山会いました。 これからも、もっともっと沢山の農家さんに会いたいです。  何卒、応援をー! → ブログランキング現在の順位は?


昨日、私は東京へ行っておりました。
P4210105.jpg
写真は六本木ヒルズ毛利庭園脇より臨んだ東京タワー。今日もとんがってるねー。 
ってか、東京蒸し暑っ! 変な汗が止まらない。


今は作業に追われる農繁期のため今回は日帰りで。
新潟~東京は新幹線で2時間、割とスグ行ける距離です。

ですが、乗車代がバカにならないのでどうせならもう少しゆっくり滞在して、
もっと沢山の人に会いに行きたかった・・・それはまた、作業が落ち着いてからですな。



さて。

今回上京したメインの目的は、
農業実験レストラン「六本木農園」にお伺いする事。
P4210106.jpg
写真は六本木農園で食べた料理の一つ。 文句なしに旨っ!!!

この六本木農園とは「こせがれネットワーク」と連携したレストランで、
小・中規模生産者~生産地のブランディング、リアルな販路拡大機会の提供等を
目的に造られたレストランです。 


今回、私が所属している青年農業者クラブの先輩に連れて行って貰ったのですが、
偶然にもこせがれネットワークの代表・宮治さんともお会いする事が出来ました。

ちなみに、私を連れて行ってくれた先輩が
全国農業青年クラブの副会長を務めている大越さん。

なので、若手農業者の団体である「こせがれとネットワーク」と「農業青年クラブ」、
それぞれの運営をしている二人と一緒に食事が出来た事は感激でした。



色んなお話をした中で感じたのは、二人とも「とても視野が広い」って事です。

自分が農園経営を頑張って、自らの経営を良くするのは当然。けど、それじゃ足りない。
例えば農業っていう産業全体を大きな木に見立るなら、一本の枝だけ元気になるんじゃ
なくって、根っこ・幹から太く立派に育てて木全体を元気にする。

その為の活動を二人はしてるんだなー・・・って改めて感じました。 
農業の世界で活躍する、凄い先輩たちです。



そして、この六本木農園は予約をしないと入れない位の人気店なのですが、
お店の特徴の一つに「農家ライブ」ってコンテンツがあります。

これは食材を育てた農家自身が作物の栽培に関する話や
自己紹介を含めた自身の農業観や日々の活動を、
食事をしているお客さん向けて発信(ライブ)するという内容です。


HPでの告知など定期的に予定を組んで行ってるイベントなんですが、
折角二人がいるからという事で急遽お客さんへ向けてスピーチする事に。

で。ついでに私も農家なのでスピーチする事に。
私が? このお二人と一緒に!?


やばいやばい! 嬉しいけれど超緊張!
私の存在なんて大魚の影のコバンザメ、いや金魚のフン、
もういっそ「コバンザメのフン」! 嬉し恥ずかしすいません。


養豚農家でもある宮治さんは、
「農家のこせがれねっとワークの活動~お店のメニューにもある宮治豚の美味しさについて」

大越さんは、
「全国農業青年クラブの活動~農業雑誌Agrizm(アグリズム)最新号について」

私、
「東京から新潟へUターン新規就農者し今に至るまで~これからの意気込み」的な。
 ※実際は掴みを狙った挨拶冒頭の「今日は新潟県弥彦【村】から六本木に来ました。・・・テヘ。」
  位しか何をしゃべったのか緊張で覚えてないです。汗



東京の猛暑を感じた時と同じ位色んな汗が出ましたが、
とても良い経験をさせて頂きました!

連れて行ってくれた大越さん、初対面で色んなお話を聞かせてくれた宮治さん、
そして、とっても素敵な六本木農園のスタッフさんと・・・・温かいお客さん達!!   
本当にありがとうございましたーーーーー!!!!!

モチベーションというガソリンが、またたっぷり注入された一日でした。


※ちなみに、私も何か出来ないかと目下企画を準備中です。
 沢山の方のお力を借り、アドバイスを貰いながら、少しずつ形になってきてます。
 近日中に改めてお知らせします! 
 


各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)