FC2ブログ

ついに油に!エゴマ栽培2020

2020年11月23日 23:05

10月15日のエゴマ畑。
徐々に葉っぱが枯れ始めてきました。
20201017_162424-001.jpg

11月1日のエゴマ畑。
だいぶ葉っぱが枯れて、養分が種に転流されて行った感じです。
20201101_094239-001.jpg

こちらがエゴマのさや。
指で軽く叩いてみると・・・
20201101_094259-001.jpg

エゴマの種が出てきました!
20201101_094349-001.jpg
種もいい感じに熟しているようです。
むしろ、これ以上収穫を遅らせると、風で揺れるだけで種が落ちていくので
全部畑に種が落ちて収穫できなくなってしまうかもしれません。

急いで収穫!
刈り取ったエゴマをバタバタとたたきつけて鞘から種を落とします。
20201101_100504-001.jpg
子どもたちもお手伝い。
バシン!バシン!と見事な太刀筋。さては水の呼吸か。

茎からたたき落としたエゴマの種には、葉っぱや枝のかけら鞘などが
混ざっているので、かごで濾したり、扇風機で軽いごみを飛ばしたりして選別、選別。
20201101_121636-001.jpg

これでひとまずエゴマの種の出来上がり。
20201103_110614-001.jpg

でも、このまますぐには油に出来ません。

搾油する為には、種をしっかり乾燥させる必要があります。
搾油に適する理想の水分量は4%~7%。
20201103_110535-001.jpg
晴れの日を選んで、ハウスの中でエゴマを広げて天日干し。
この時にも、エゴマに混ざる茎や葉のかけらを見つけては取り出し取り出し・・・
鋭い目線の妻・・・完全に全集中。

その後、種を洗って・・・また干して・・・ようやく、
「搾油できる状態のエゴマ」になりました!
20201103_105603-001.jpg

その後、調整済みのエゴマの種をもって、県内のエゴマ農家さんのもとへ。
搾油機で、石井農園産エゴマを搾ってもらいました!
20201122_101112-001.jpg

黄金色の油! これぞ完全なエゴマ油!
20201122_103308-001.jpg
エゴマ農家さん、色々良くして頂きありがとうございました。

全部で6本半のエゴマ油が穫れました。
20201122_115128-001.jpg
1本120ミリリットルの瓶なので、780ミリリットル。

ちなみに、搾油前のエゴマ種は約2㎏。水分量は4.8%でした。
1㎏のエゴマからは300~400mlの油が採れるらしいので、
まぁまぁな搾油量ではないでしょうか。

さらにちなみに、今年のエゴマ栽培面積は0.25aくらいで2キロの収穫だったので、
収量を10a換算すると約80㎏となります。
これは平均(100㎏位)から見るとやや少ない。

しかしながら、育てたエゴマが油になるのは想像以上の感動がありました。
20201122_115156-001.jpg
選別、乾燥、洗いの工程がちゃんとできていないと、
不純物の多い、濁った油になってしまうそうです。

今回の油の出来はエゴマ農家さんからも「とてもきれい」と太鼓判を頂きました。

エゴマの栽培はさほど苦労はありませんでしたが、
収穫~選別~調整作業はすべて手作業の為、かなりしんどい。汗
油の生産量を増やすためには当然、栽培面積を増やさなければならないし
手作業の収穫~選別作業ももっと簡略化していかないとならない。

試行錯誤は続きますが、この美しい油の感動をバネに
来年はさらに良い油をもっと沢山作れるように頑張りたいと思います。

里芋の収穫

2020年11月10日 22:22

寒さで葉っぱの傷んできた里芋畑。
そろそろ収穫の時期です。
20201114_113501-001.jpg

てやっ!ざくっ!

っとスコップを差し込んで掘り起こしてみると・・・
コロンとしたかわいい里芋たちがこんにちわ。
20201114_113820-001.jpg
うーむ、今年はちょっとイモが少ない。汗
猛暑の頃の水やりが足りなかったかなー。

6歳の娘がひげ根をプチプチお手伝い。
20201114_113949-001.jpg
「いもほり」と聞いて、サツマイモだと思ったら里芋だったので
ちょっとテンション下がってます。笑

秋の種まき

2020年09月15日 23:30

9月はブロッコリー、キャベツ、白菜などの秋野菜の植付も忙しいですが、
来年収穫する越冬野菜の種まきも忙しい時期です。

猫の手も借りたい! という事で、子供達の手を借りました。

お手伝い~ではなく、「畑あそび」として巧妙に誘い出し、
「植穴に一粒つづニンニクを入れていくゲーム」を開催。
20200921_103825.jpg


さらに、「溝にとう菜の種をパラパラ蒔いていくゲーム」も開催。
20200913_110856.jpg

一週間後、無事発芽。
IMG20200922095523.jpg
大事をとって多めに播いていたこともあり、かなりの苗数です。
適度な雨のおかげで発芽率も良かったようです。

次は・・・「余分な苗を抜き取っていくゲーム」を開催するか!
※そろそろ付き合ってくれなくなりそうです。

タケノコ2020年

2020年05月13日 23:54

5月の上旬から中旬にかけて、石井農園の裏山ではニョキニョキと
タケノコが生えてきておりました。
20200429_091719.jpg
タケノコ掘りは山の斜面を上がったり、下がったり。
また、スコップやコンテナ、収穫したタケノコを運ぶ作業はさながら石井農園ブートキャンプ。

倅がでっかくなって体力がついてきたこともありまして、
親子でタケノコブートキャンプ・・・ならぬ、タケノコ掘りを手伝ってもらいました。
20200429_091703(0).jpg

ついでにタケノコ洗いも手伝ってもらいました。
20200429_094317.jpg
収穫したタケノコの泥を落とし、余計な根っこや不揃いな切り口を包丁で整えます。

するとここで大じー(8代目)登場。
切り落としたタケノコの根の部分を手に取ると・・・

「こーれがうんめんだてばー」
20200429_094750.jpg
えー。汗
新鮮採れたてとはいえ、流石に生タケノコはちょっとまずいのでは・・・汗

という私(10代目)の心配をよそに、パリパリとかじりだす大じー。
20200429_094749.jpg
うーむ、大きな梨の破片を食べているように見えなくもない・・・・。

冬に甘くなった大根は、その甘さと触感がまるで梨の様になる。(これホント)
実は新鮮なタケノコもそれ的な感じで美味しいのかもしれない。

私 「うまい?梨みたいな感じ?」
20200429_094758(0).jpg
大じー 「なんも味しねーわ」



大じー 「味噌汁にしんばだめらこってば」

!!

私 「・・・私もそう思う」


そんなこんなできれいになったタケノコたち。
20200429_102152.jpg

今日一番の大物はこちら。重量5キロ。
20200429_100851.jpg
ずんぐり太ったタケノコは節た詰まっていて、大きくても柔らかくて美味しいです。
逆に、小さくても細長く伸びてしまったタケノコは節が固くなっているためにイマイチです。
※採りたてならば多少細長いタケノコでも結構食えますけどね。


その後、タケノコたちは村内の直売所へ。おかげさまで完売でした。
ご購入くださった皆様、ありがとうございました!
20200503_075057.jpg

例年だと、収穫したタケノコは 
①食べる 
②直売所へ出荷 

その他に、 

③水煮缶にする  

のですが、今年はコロナウイルスの影響で村営の缶詰施設を使用することが出来ず、
缶詰が作れませんでした。

なので、来年にまた沢山のタケノコが出てきてくれるように、沢山の缶詰が作れるように、
今年は親竹にするためのタケノコを沢山残すことにしました。

20200516_090424.jpg
あっという間に私の背丈を超えていく竹の子 (もはや 子 ではない)
大きな竹になれよー!!


最後に。


今年、未だかつてないほど最高の掘り心地を得られるタケノコ掘り道具を見つけました。
それは、「金象印の配管職人(という名のスコップ)」です。
20200516_095755.jpg

細いスコップは土が掘りやすく、タケノコ掘りに最適!
20200516_095846.jpg

※アマゾンを見たら、「金象 細く深く掘りやすい溝堀シャベル」なる製品も発見。
 こ、こ、こ、これも凄く良さそう~!


良い道具は仕事が楽しくなりますね。

とう菜が最盛期です。

2020年03月10日 23:23

新潟の春野菜と言えば、「とう菜」です。

石井農園でも冬を超えて甘みを蓄えたとう菜が収穫最盛期。
弥彦の直売所「おもてなし広場」に出荷しております(宣伝です)。
20200315_160421.jpg

このとう菜、小松菜の亜種(新潟こまつな)の越冬株から伸びる「とう」なのですが、
甘みだけでなく、ほんのりと独特の苦みがあります。
私みたいな大人にすれば、この苦みがあるからとう菜はうまいのですが、
我が家の子どもたちからは不評。

食いつきが、ブロッコリー10⇔とう菜3(調理にもよる) くらいです。


うーん、こんなにとう菜はうまいのになー。
子ども達にも、もっと食べて貰いたいなー・・・ なんて思いながら畑を歩いていると。

おっ。
20200315_161316.jpg
畑の脇にエイリアンの卵が落ちていて、
その先っぽからメキメキと中身が出てきています。

でるのか!でるのか!?
あれが出るのか!?

しばらくすると、「どーん」と とうが飛び出します。
20200315_161405.jpg
これは、白菜でした。
そうです、白菜のとうです。

しっかり結球した白菜は、冬の寒さに負けないように
葉先をひもで縛って越冬します。

うっかり収穫しないでそのまま放置すると、あんな感じのエイリアンの卵風になります。

で、秋に生育がイマイチできちんと結球しなかった白菜については、
葉も縛らず、そのままにしておりました。

例年は結球しない白菜は雪やあられ、強い北風で傷んでボロボロになるのですが、
今年は記録的な暖冬で新潟も暖かく雪が降らなかったことにより、
見事に葉を広げて咲き乱れておりました。
20200315_161335.jpg
白菜が大輪の花を咲かせています。
美しい白菜です。

卵風と大輪の白菜。
20200315_161347.jpg
昨年の秋の時点では、卵風が結球した良い白菜で、
大輪が結球しないイマイチな白菜だったのですが、冬を超えて立場が逆転。

その美しい白菜のとうを収穫します。
20200315_161437.jpg
白菜のとうはでかく、迫力があります。

話がながくなりましたが、白菜のとうも食べることが出来ます。
むしろとっても美味しくて、甘いです。 

持って帰って胡麻和えにしてみました。
20200315_195912.jpg
太いとうの部分はコリコリとした歯切れのよい触感。
子ども達からもうまいうまいと大絶賛!

白菜のとう菜は量が少ないので、潤沢に出荷はできませんが、
これも直売所にだせたらなーと思います。

早い者勝ちです。
是非、おもてなし広場で見かけた際はお試しください!(宣伝です。)