記事一覧

今年もカブトムシの季節がやってきました

夏の夜、今年も昆虫たちの季節がやってきました。ガサゴソと裏山の雑木林を歩き回ると、プーンと甘い香り。そう、そこは樹液酒場!カブトムシ、クワガタ、カナブン、カミキリムシ、スズメバチ・・・・沢山の虫たちで今日も酒場はごった返しておりました。...

続きを読む

イワシすくい

弥彦村は海にも近い!ということで、我が家は結構海に行きます。海水浴、砂浜散歩、そして、釣り!海行くぞー!  晩メシ釣るぞ!子供たち!子どもの成長は遊びでも見て取れるもので、気が付けば自分で竿を伸ばして魚を釣れるようになりました。※去年の釣りから比べても成長を感じます。小さなイワシがよく釣れます。今日は釣れるなー と思って海の中を見るとイワシだらけ。網でも掬えそう! と息子。いやいや、さすがに網は無...

続きを読む

カエルの合唱 石井農園2023

代掻き~田植えと稲作農家が一年で一番忙しい時期が終わりました。バタバタしている時期は睡魔が全速力でやってくるので夜に風情を楽しむ余裕がなかったのですがようやくほっと一息です。今年もこの時期がやってまいりました。カエルの合唱を聞く時期が。録音してきました。そしてユーチューブにあげてきました。5月の晴れた夜空の下で、あたり一面に水が張られた田んぼの真ん中に立ってカエルの合唱を聞く。何千何万のカエルの合...

続きを読む

あーGWって感じがする!

天候に恵まれて田植えが順調に進んでおります。よきかなよきかな。稲作で最も忙しいのは春です。すじまき(種まき)~育苗~田植えまでのおよそ1か月間の作業が稲作全体の40~50%を占めるといいます。そのため特に繁忙する田植えなんかはどうしても手が足りず、ゴールデンウィークは親族に応援してもらっています。田植えは、応援にきてくれる兄弟や親族に感謝するとともに「盆・暮れ・正月・5月の田植え」 として普段は離れて...

続きを読む

蛙と樹液酒場

「戻り梅雨」という言葉を始めて知りましたが確かにこれは梅雨が戻ってきた感じです。毎日空が曇りで、雨が良く降る。おかげで草刈りが捗ります。雨に草が濡れると、刈払い機に草が絡まりにくくなります。更に、水を吸った草はハリッ!としているのでスパッ!と切れます。※PCの前のあなたに感覚で伝わっていると私は信じます。草刈りが捗る捗るー! と刈払い機のアクセル全開で草をなぎ倒していると・・・・草の上でまったりと休...

続きを読む

雪山の足跡

天気が良く風もない日は、「そうだ、散歩へいこう!」ということで、裏山に散歩へ行きます。トラクターが走ったあとのわだちを歩く、娘と息子。雪が積もると、そこを歩いた動物たちの足跡が残ります。これは野ウサギですね。飛び跳ねている、特徴的な足跡です。たぬき?冬山には沢山の動物たちの足跡があります。春から秋にはここまではっきりと見る事は出来ない動物たちの足跡。冬山散歩ならではのお楽しみです。...

続きを読む

初夏の生き物

キウイフルーツの花が一斉に咲きました。受粉作業するかー、、、、と思っていたら、ミツバチが飛んできてせっせと蜜と花粉を集めていきました。おお、ありがたい。これで受粉作業いらず。せっせと飛び回っているのは黄色っぽい体色が特徴の西洋ミツバチですね。カラスノエンドウの間を飛んでいるのは、日本ミツバチ。写真がブレブレですが黒っぽいからだが特徴です。徐々にハチを見る機会が増えてきました。無事に越冬した群れから...

続きを読む

オータムポエムの花

夏に撒いたオータムポエムの種。畑の端に苗床を作り、必要な苗はハウスの中に移植して、残った苗は畑にそのまま放置しておりました。苗はそのまま成長して、小さな菜の花畑になりました。雑草に負けじと逞しく咲くオータムの花。菜の花と言えば春ですが、秋の菜花もきれいです。菜花の香をかぎつけて、ミツバチも沢山飛んでました。たったこれだけの菜の花畑だけど、10匹以上のミツバチがせっせと蜜を集めています。近くにセイタカ...

続きを読む

白鳥の到来

朝晩、「くぁー!くぁー!」と、大きな声が聞こえます。シベリアから今年も冬の使者、白鳥たちががやってきました。見事な編隊飛行。彼らは冬の間、田んぼで落ち穂などを食べながら過ごします。田んぼの中を大きな白鳥の群れが歩く姿は新潟らしくて好きです。...

続きを読む

田んぼが終わったあとの魚とり

稲刈の時期になると、田んぼに水を送る必要がなくなるので用水路の水がぐっと少なくなります。すると、小魚などが捕りやすくなります。子どもたちは「捕まえてやるー!」と意気込むも、中々捕まえられない。そもそも網が小さいのだ。網が。いっちょ豪快な魚取りを見せてやろうと、水路の端から網で魚を追い込んで一網打尽にしてみました。私も子どもの頃にやっていた遊びですが、最近はユーチューブなんかでもよくやってるのをみま...

続きを読む

気温35度を超えると良い事もある

台風のフェーン現象で猛烈な暑さの新潟です。なんと、新潟県は三条市で気温40度越えを記録し、あの熊谷を抜いて9月の国内最高気温を記録しました。うだる暑さにオエオエしながら、稲刈りが始まる前に他の仕事を終わらせております。ぎんなん山に、寒冷紗広げ。稲刈が終わるとすぐにぎんなんの収穫を行うのですが、台風なんかが来ると一気に実が落ちてしまって回収するのに一苦労します。そこで、予め寒冷紗(ネット)を広げておけ...

続きを読む

芸術品

ふと格納庫を見たら・・・・上になんかある!一輪挿しのやつ!?ここに!?どこの陶芸家の作品かと思いましたが、製作者はハチのようです。トックリバチ・・・かと思いきや、たぶんコガタスズメバチの巣みたいです。真下で作業しているときに落ちてこないことを祈る。...

続きを読む

散歩とミツバチ。

ミツバチに興味をもってから、「今の時期、自分の住んでいる地域にはどんな花が咲いてるかな?」と、時折草花をながめる散歩をするようになりました。ふと見ると、空き地に沢山のクローバー(シロツメクサ)。耳を澄ますとぶんぶん羽音も聞こえます。ほらいた。黄色っぽい体色、西洋ミツバチと思われます。せっせと蜜を集めていました。 うーむ、かわいい。さらにトコトコ歩いていくと、ナヨクサフジが沢山咲いています。ここでも...

続きを読む

春の猫はよく眠る。

作業ハウスの片隅の、資材置き場。よーーーーく見ると・・・・猫がいます。石井農園の猫、「クロ」です。気付かれた!今日は段ボールの中で寝ていましたが、日によって寒冷紗の上、ビニールの上、発砲スチール板の上、ストーブの上、稲わらの上、クッションの上、ゴザ座布団?の上・・・・などで寝ています。クロはそこそこ良い歳の猫なので、大体寝てます。※それでも、突然ものすごい速さで走り出して野ネズミ捕まえて食ってたり...

続きを読む

ミツバチのレストラン

収穫の終わったとう菜の畑は、すぐにトラクターで耕さずにしばらく菜の花畑にして楽しんでいます。ああー、綺麗。そしてあまーい香りがたまりません。足元に目をやると、ホトケノザとか、オオイヌフグリとかいろんな野草も花盛りですうーむ、いいですねー。すぐにトラクターを入れないのは、花を楽しむだけじゃなくてもう一つ目的があります。そうです。ミツバチの観察です。菜の花畑はミツバチのレストランなのです。天気や時間に...

続きを読む

白鳥がやってきました。

今年も白鳥が渡ってくる時期になりました。白鳥は佐潟、上堰潟など、周辺の水辺と田んぼを行き来して落穂などをついばんでいます。朝夕、白鳥が移動するときは、グワ!グワ! と大きな声で泣きながら頭上をV字編隊で飛んでいきます。我が家の田んぼでもグワグワ。近くで見るとやはり大きい。迫力があります。白鳥たちがシベリアに帰っていくのは3月頃。それまでは田んぼでゆっくりして行って頂きたいと思います。グワグワ!...

続きを読む

今年最初のカエルを見つけた。

あー! そこそこ!そこだって!これならわかるでしょ!?そうです。今年最初のカエルを発見しました。※すでに題名でネタバレしてますが。秋に冬眠に入ってから、かれこれ4カ月ぶり?にカエルに会います。少し痩せていますが、無事に冬を超えることができたようです。今年は3月6日が啓蟄(虫たちが冬眠から起きだすと言われる日)でした。これから続々とカエルが冬眠から目覚めてきます。田んぼに水が入ると、グワグワとカエルが鳴...

続きを読む

クロの昼寝。

我が家には猫が1匹います。名前はクロ。冬の間、ハウスの薪ストーブの隣が縄張りです。ストーブの温もりから離れることができず、ぬくぬくしながら泥のように眠っています。しかし今年は、冬の新潟にも関わらず晴れの日が多い。太陽が出ればストーブが無くてもハウスの中はぽかぽか。なのでそんな日はストーブを炊きません。晴れた日はハウスの作業机の上でひなたぼっこをしています。ストーブの暖かさもいいですが、お日様の暖か...

続きを読む

ネコで秋を感じる。

===============================【2018年産新米予約受付中】石井農園の直売HP(ブログ右バナー)にて、現在新米コシヒカリの予約を受付中です。===============================我が農園には猫が一匹います。名はクロ。ネズミ捕りという仕事を担っているのか担ってないのかよくわかりませんが、きっと彼女(メス)がいることでネズミ除けに一役買っているのでしょ...

続きを読む

砂浜の穴を掘ってみる。

===============================【2018年産新米予約受付中】石井農園の直売HP(ブログ右バナー)にて、現在新米コシヒカリの予約を受付中です。===============================気が付けば今日で8月も終わり。猛烈な暑さがずっと続くような、今年はものすごい夏だった様に思うけども過ぎてみたらやっぱりあっという間の夏だったような気もします。夏を振り返ると...

続きを読む

おたまじゃくし。

5月上旬に植えた稲たちもしっかり田んぼに根を張り、ぐんぐん分けつ(稲の茎が増えていくこと)しながら逞しい株になってきました。そんな田んぼの中を、ちょろちょろと泳ぐ小さな生き物。おたまじゃくしです。まあかわいいこと。でも、あんまり沢山いると、ちょっと気持ちわるいのは私だけじゃないはず。カエルは虫を沢山食べてくれる益虫です。(虫じゃないけど)このおたまたちも、皆立派に育って田んぼを守ってくれ。・・・・...

続きを読む

イノシシの次はクマ

この度、目を疑うようなお知らせが届きました。・・・・クマ・・・・だと?弥彦山は山といっても越後平野のど真ん中に位置し、平野の真ん中にポツンと立つ独立峰です。今までクマが出たことはありません。平野を超えて?町を超えて?いったいどこから来たクマさんだというのだ・・・しかも弥彦村では1カ月前にも「イノシシがでた!」と騒ぎになったばかり。農村の過疎化、耕作放棄地の増加、狩猟人口の減少、温暖化による少雪化な...

続きを読む

イノシシが弥彦村にも。

弥彦村に突如配られたイノシシ注意喚起のちらし。イノ・・・イノシシ!?弥彦村は越後平野の中心に位置し、周囲は一面田んぼ。こんなところに・・・イノシシ・・・だと!?【イノシシ 弥彦村】と検索すると、すぐヒット。ああネット時代!10月30日、弥彦村を走っていた車のドライブレコーダーで撮影されたイノシシの映像がユーチューブにアップされておりました。めっちゃイノシシが近所の田んぼ走ってる。汗イノシシによる獣害は...

続きを読む

冬はやっぱりストーブですな。

10月下旬位から新潟はぐっっっっと寒くなってきました。朝晩の冷え込みが厳しくて、早くも夏が恋しいです!田んぼではシベリアからやってきた冬の使者(白鳥)がグワグワ騒いでおります。ハウスでは、銀杏の袋詰めなど作業をするときに体が冷えてしまわない様に、夏の間にため込んだ薪を使って暖をとります。ちなみに今年、古くなったストーブを更新しました。ストーブも、猫の背中も黒光り。ストーブが稼働するようになると、クロ...

続きを読む

カエルの合唱がにぎやかです。

ここ最近、全国的に猛暑が続いています。昼間はうだるような暑さですが、夜はまだまだ空気が適度に涼しく、心地良い夜を過ごせています。そして私の場合気温以外にも、夜を心地よく過ごせている要因として田んぼで毎晩繰り広げられているカエルの合唱があります。日本全国、田んぼに水が入る頃から梅雨~夏までの間、毎晩カエルの大合唱が聞こえるかと思います。私はこれが大好きであります。(なんかとても落ち着きます)※動画は...

続きを読む

子猫の里親を探しております。

半年ほど前(冬)に、石井農園の作業ハウスにふらりとやってきたノラ猫。※猫についての前回のお話はこちら。薪ストーブの前でうとうとする猫の姿に私も癒されまして、外は雪も降ってるし春までは好きに暖をとらせてあげよう・・・と自由にハウスに出入りをさせておりました。(オンボロハウスには穴が空いているのです)暦が冬から春に移ろい、外は風がおさまり、雪が溶け、温かな日差しが降り注ぐようになると、猫は段々と外に行...

続きを読む

デカイ亀。それはクサガメ。

いつも通る水路の、いつも同じ所で甲羅を干している亀がいます。しかもかなりでかい。亀の視力がどれ程のものかは分からないのですが、相当離れた所からでも人の存在を察して逃げてしまいます。気配を感じているのでしょうか?この写真も、苦労の末にやっと撮れた一枚です。※こんな事に労を費やしている私は農家失格。私は彼の事を「御新田のヌシ」と、勝手に呼ぶ事にしました。ちなみに、御新田とはこの川の名前です。そしてヌシ...

続きを読む

稲苗と雀。

ビニールハウスの中では、稲の苗が順調に生育しております。寒波による低温がすこし心配ですが、代かき作業も無事に終わりましたので明日~明後日あたりから「田植え2013」を開催したいと思っております!・・・・と、ふんふん意気込んでおりましたら何やらハウスの中でチュンチュンというさえずりが・・・。雀です。この時期、雀たちは稲の苗(厳密には根についてる種籾)を食べる為にハウスの中に侵入してきます。なんとも困...

続きを読む

だって猫だもの。

たびたびブログに登場している居候猫のお話。この猫不意に私が走りだしたりすると全力で追いかけてきます。その様子を久しぶりに動画で撮影。私を追いかけて全力でダッシュしてくる猫。「なんて可愛いヤツ!」と思いきや、最後は私を素通りしてどこかに走り去っていきました。・・・まぁ、そーいうとこが猫ですよね。そんな居候猫は息子のよき遊び相手にもなってます。ちなみに、うちの息子(一歳半)は猫を「わんわん!」と呼びま...

続きを読む

最近の猫について。

今年の新潟県は、平野部では雪が少なかったものの寒さが厳しい冬でした。そんな寒い冬に、石井農園の作業ハウスでは一匹の猫が居候し始めました。※居候ねこについてはこちら。3月に入り、だんだん春めいてきた弥彦村。少しずつ温かくなってきたことで、作業ハウスでは3月に入ってから薪ストーブを炊くことはなくなりまして、猫はストーブの前から姿を消しました。するとある日、ハウスの天井にもっこりとしたふくらみが・・・。...

続きを読む

石井農園について

石井農園

Author:石井農園
300年続く越後の米農家、石井農園です。新潟県弥彦村にてお米・野菜を育てています。

親父(石井晃 9代目:写真右)、
私(石井知治 10代目:写真左)
ブログやHPの運営は10代目が担当しています。

【2024年の作付け計画】
水稲・・・940アール
※コシヒカリ、こしいぶき、こがねもち、つきあかり
園芸・果樹・・20アール
※銀杏、キウイフルーツ、ねぎ、トマト、ナス、オクラ、スナップエンドウなど少量多品目。

石井農園のホームページ

HPにて石井農園のコシヒカリ・農作物を販売中
石井農園直売所

お問い合わせはこちらから

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブログ内検索はこちらから!

カレンダー&アーカイブ(Tree)

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

+ アーカイブ
 

ブログカウンター

2008年10月からのページビュー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログランキング現在の順位