fc2ブログ

発芽玄米餅はじめました!

2022年11月28日 23:50

11月の間、弥彦村が大賑わいだった「弥彦神社の菊祭り」がおわりました。
これからしばらくの休息をはさんで年末年始に向かって、また弥彦村は賑やかになっていきます。

あと一カ月で年末です。

大晦日です。

お正月です。

そうです。

お餅です!

石井農園では今年もお餅を販売します。
恒例の白切餅は12月中旬ごろから販売開始の予定。


しかし先行で、新製品の「発芽玄米餅」を販売はじめましたー!

IMG20221111104403.jpg

これまで玄米餅は自家用で製作しておりましたが、
ついに販売用の製品として作りました。

玄米の風味とプチプチの食感がたまりません!
IMG20221119092050.jpg

お餅は真空パックされており、防腐剤などの添加物不使用ながら
賞味期限は23年11月まで長持ち! 個包装だから食べたい分だけ開けられます。
IMG20221111104758.jpg

ぜんざいもいいですよ!

IMG20221119075410.jpg

凄くいいですよ!ぜんざい!
※大事な事なので2回言いました。


ご注文は石井農園のHP(https://www.ishii-nouen.jp)、
もしくはAmazonでも購入可能です。

是非、お正月は石井農園のお餅をご賞味くださいませ!

ギンナン収穫2022

2022年10月17日 23:03

お米の収穫~新米発送がやっとひと段落しました。
お客さんのもとにも新米が届き、沢山の新米旨い!メールを頂きました。
新米を購入頂いた皆様、改めましてありがとうございましたー!

さて、一息つくのもそこそこに、裏山では次なる収穫が待っております。
今年も銀杏が豊作です。
IMG20221008163234.jpg

枝が重すぎて折れそう・・・・!
1665664688305.jpg

ゆさゆさ揺らしてネットに落としまして、
1665664660267.jpg
プールに浸けて果肉を柔らかくして皮むき器で種を取り出し、
種を更に数日水につけてのこった果肉をふやかしてから再度機械で
磨き上げます。(ここまでしないと色、においがキレイになりません)

その後ネットに広げて乾かします。
IMG20221016094925.jpg
※乾かしすぎも注意です!

ギンナンは秋の限定商品として、地元の直売所(さやや、いわむろや)で販売します。
IMG20221016095010.jpg
是非、弥彦へお越しの際はご賞味くださいませー!

2022年の稲刈終了しました!

2022年09月26日 23:26

一カ月に及んだ稲刈も、ついに最後の田んぼとなりました。
IMG20220925151046.jpg

気持ちの良い秋空のした、無事にすべてのコシヒカリを刈り取ることができました。
怪我なく、そして大きな機械の故障もなく終わることが出来てホッとしました。
IMG20220925151658.jpg

田んぼも稲も機械も農家も、半年間お疲れさまでしたー!
IMG20220925151142.jpg
田んぼはこれから半年間、稲わらを少しずつ分解しながら
来年の稲作にむけてゆっくり休んで地力を蓄えます。
また来年も宜しくお願いします。


さて、稲刈が終わった後は刈り取った籾の乾燥~籾摺り~選別を行っていきます。
10月7日からの新米発送に向けてもうひと踏ん張り。
今年も沢山の新米予約を頂きありがとうございます。
美味しい新米をお届けすべく頑張ります!

【石井農園のHPにて新米予約受付中!】
9月30日までの期間限定でお得な新米予約を行っております。
新米予約は送料無料・こがねもち(もち米)2合のおまけ付きで
10月7日より順次発送を行います。
石井農園のHP・新米予約はこちらから


2022年の稲刈開始!

2022年09月04日 23:05

今年は例年よりも少し早く、8月末から稲刈を開始しました!
IMG20220904112034.jpg
中々気持ちのいい秋晴れが続かない為、天気とにらめっこしながらの稲刈りです。
※稲が濡れてしまうとコンバインが詰まってしまうために稲刈りが出来ないのです。

今年の石井農園は、委託の稲刈りも含めるとおよそ10ha近い稲刈りを行います。
それらをすべて30キロ袋に袋詰め作業するのは大変だ・・・・という事で、
ついに石井農園も「フレコンバック出荷システム」を導入しました・・・!

IMG20220828102002.jpg
籾摺り~小米選別~をされた玄米が、この大きなバックの中に投入されて行きます。

バックは専用の計りで計量されて、1袋1トンにまとめられます。
IMG20220828102011.jpg
実に茶袋の33袋分にあたり、30キロの茶袋を積み上げていた作業に比べると
大変な省力化です。

ちなみに、茶袋の時は出荷されたのちに袋に細いスプーンの様なものを刺して
検査米を取り出し、それを品質・等級確認しておりました。

しかし、フレコンバックでは計量機が自動的にサンプル米を取り出して
くれるので、

IMG20220828094553.jpg

それをシーラーバックに入れてフレコンのお米と一緒に出荷をします。

IMG20220828095833.jpg
なるほど、これなら袋に毎回穴をあけなくても良い訳です。

玄米で一杯になったフレコンバックはフォークリフトで運び出します。
一時倉庫で保管し、集荷業者が取りに来たらフォークリフトで車上渡しします。
IMG20220828143223.jpg
重たい米の移動がほぼ機械化されたことで腰の負担も大幅に減りました。
ありがたい・・・!

稲刈はまずは早生品種の つきあかり に始まり、続いてこしいぶき、
こがねもち、本命のコシヒカリ・・・と続きます。
IMG20220904112118.jpg
稲刈はおよそ1か月の長丁場です。
今年も美味しい新米をお届けできるように頑張ります!

【石井農園のHPにて新米予約受付中!】
9月30日までの期間限定でお得な新米予約を行っております。
新米予約は送料無料・こがねもち(もち米)2合のおまけ付きで
10月7日より順次発送を行います。

石井農園のHP・新米予約はこちらから

稲刈りまであと少し

2022年08月21日 09:53

お盆も終わりまして、稲刈に向けての準備も忙しくなってきました。

一年ぶりに稼働するコンバイン。
バッテリーや刈刃の点検を行います。
IMG20220811123729.jpg

作業場では、今年の稲刈に向けて「フレコンバッグ出荷システム」を導入しました。
IMG20220816101451.jpg
これまでは乾燥~籾摺りを行った玄米を30㎏の茶袋に入れて出荷しておりましたが
袋詰め~積み上げる作業は重労働でございました。
フレコンバックとは1トン入る大きな袋にお米を入れてフォークリフトで管理~となるため、
身体的な負担がとても軽減されます。

※今年は委託も含めると大体10haの稲刈予定なので、茶袋換算だと約2000袋(豊作前提!)。
 これがフレコンになると60袋に(しかも袋数が減ることで作業にもゆとりがでます)

作業場に入れるために2Fの床に穴をあけて突っ込んだりと色々ありましたが、
無事に設置完了しまして初稼働が楽しみな状況です。


田んぼの稲も色付いてきました。
今年は生育も早めなので、早生品種(こしいぶき、つきあかりなど)は8月下旬から
稲刈の予定です。
IMG20220821085457.jpg
心配なのは天気。
雨が多く、中々田んぼが乾かない・・・
(地が固まらないとコンバインが田んぼに入れないのです)

稲刈に向けてスッキリとした秋晴れが続きます様に~!

【石井農園のHPにて新米予約受付中!】
9月30日までの期間限定でお得な新米予約を行っております。
新米予約は送料無料・こがねもち(もち米)2合のおまけ付きで
10月7日より順次発送を行います。

石井農園のHP・新米予約はこちらから