fc2ブログ

ジャガイモの花

2022年06月25日 23:33

私、携帯を新しくしました!

ついに、ついに5Gー!

(弥彦村、電波飛んでないんですけどね ※楽天)



新しい携帯っていいですね。
なんつっても写真がとってもきれいになりました。
DSC_0109_20220628233043405.jpg
画素が違う。むふー。
※ブログには仕様の関係でめっちゃリサイズしてアップしています。

さて、被写体となった、あたり一面に咲き乱れている 「ジャガイモの花」 ですが、
「摘むべし!」 派と 「摘むべからず!」 派がいます。
DSC_0111.jpg
摘むべし派の言い分は、
果実を収穫するんじゃなくて土の中のイモを採るんだから花いらんだろ。
花に栄養持ってかれるだけ無駄無駄無駄。

とのこと。

摘むべからず派の言い分は、
ジャガイモは大量に花が咲くわけではないので大した同化養分のロスにはならない。
むしろ花をかき取るとその傷口から病気になるリスクがあるからやらんほうが良い。
つーか、花とるのめんどい。

とのこと。

確かに北海道とかアイダホとかの広大な農地でジャガイモ栽培している農家さんに
花をとりなさぁい! とか言ったら発狂するでしょう。

なので我が家も花はとっておりません!
(家庭菜園に毛の生えた規模ですが)

さあ、今年はどんなおいもが出来ているか、掘るのが楽しみです。


ニンニク収穫2022

2022年06月15日 22:12

今年もニンニクの収穫シーズンがやってきました!
私は玉ねぎは苦手ですが、ニンニクは何の料理に入れるのも大好きです!
DSC_0079_20220605213937a1c.jpg

丸々太ったニンニクが沢山とれました。
DSC_0085_2022060521393839a.jpg
無農薬栽培、かつ、肥料もかなり少ない栽培で育てております。
※個人的にニンニクは肥料を多く与えると病気になりやすく、かつ収穫後の
 保存性も悪くなる印象があります。

ニンニクはこの後しっかり陰干しして、弥彦の直売所「さやや」で
夏野菜と一緒に販売していきます。

弥彦にお越しの際は、是非石井農園のニンニクも宜しくお願いします~。

里イモの芽出し 2022

2022年06月05日 22:11

今年、サトイモの種芋越冬にちょっと失敗しまして
ちょっと種イモが少なかったんですよね。

そこで以下の方法をとりました。

①お得品のきぬかつぎ用・子芋を買う。
 里芋の種芋を買うと結構高いのですが、食用に販売されている規格外の子芋は
 かなりお得に購入できます。当然の話ですが、食用里芋もがっつり良い芽が出ます。

②里芋の親芋を細かくカットして苗にする。

前々から②については資料で知っていましたが、やるのは初。
ジャガイモなんかでは種芋をカットして使うのは当たり前なのだから
サトイモだって問題なかろう。


親芋を8等分にカットしてセルトレイにいれて培土を掛けて待つこと2週間。


めっちゃ芽でた。
DSC_0022.jpg
8個ともすべて順調に育っています。

これまでは親芋は捨てていましたが、苗を作ってから
移植する場合には全然有効な方法だと思います。

やべ! 種芋が足りない!
なんて時は親芋カットでしのぎましょう!

米山登山

2022年05月30日 21:40

先日、人生初の「米山登山」に行ってきました。

米山は、新潟県中越地方と上越地方との境に位置する山である。標高992.5メートル。
きれいな四角錐の頂上部をもつ山容はよく目立ち、古くから海上交通の目印ともされた。
※ウィキペディア先生より抜粋

昨年の粟ヶ岳登山に続き、日々視界に入っているのに登ったことの無い
山制覇の一環です。

弥彦山(634M)のちょうど1.5倍程度の標高です。

DSC_0047_20220605213825d4e.jpg

米山も登山コースが沢山ある山ですが、今回は元もメイン?とされる
大平コースからアタックしました。

頂上近く、しんどい時に登山者を励ましてくれる「ガンバレ岩」。
DSC_0053_20220605213826d45.jpg

ガンバレ岩に励まされ、おかげさまで無事登頂。
米山の頂上の景色は絶景で、ぐるっと360度が開けています。

上越方向を望む。
DSC_0056_202206052138283ba.jpg

新潟方向を望む。
遠くにはうっすらと弥彦山も見えます。
DSC_0064_20220605213829f73.jpg


米山の頂上には「原三角点(一等三角点、大三角点とも)」があります。
DSC_0066_20220605213824d65.jpg
これは明治の頃に日本の測量を行った時の標石で、当時のものが残っているのは凄く貴重なんだそうです。
日本には現在、米山(新潟県)、雲取山(東京都)、白髪岩(群馬県)の3つだけしかないそうです。

絶景だけでなく、貴重でありがたいものをみれた大満足の登山でした。

タケノコ2022

2022年05月20日 22:25

筍の収穫が最盛期です!

たけのこは収穫して、すぐに剥きます。
IMG20220515113226-001.jpg

そして鮮度が良いうちに茹でます。
DSC_0008-001.jpg
当然 こんなに食えるか! って話ですので
長期保存できるように缶詰にしていきます。

村営の缶詰施設を利用します。
タケノコを缶に詰めて、蓋をして、加熱殺菌を行います。
1652418200821-001.jpg
これで来シーズンまでずっとタケノコが食えるのです。

勿論、旬の味覚もしっかり味わいます。
このシーズンは我が家ももっぱら筍ご飯。
1652609189586-001.jpg
その他にも、味噌汁、炒め物・・・・とタケノコ尽くしが続きます。

コリコリした触感がたまりません!